猛暑を乗り切る!コストゼロから始める「暑さ対策」テクニック

写真拡大

ラニーニャ現象のおかげで、どうやら猛暑らしいじゃない!?  ……そんな嘆きの声がチラホラと聞こえる、今年の夏。

既にバテ気味……なんて人もいるのでは。

でもそんなことでは本格的な夏を乗り切ることができない! お空のご機嫌を変えることはできないけれど、身近なところでのちょっとした工夫が涼を生むかもしれません。

だったら少しでもコストを抑えた方法がいい!という欲張りさんの希望も叶うかも!?  経済キャスターを務める筆者がお伝えします。

■暑さ対策、お金をかけずに取り入れたい!

環境省による「熱中症予防情報サイト」には、<暑熱環境を緩和させる様々な工夫や技術>として、大掛かりなものから個人でもトライできそうなものまで、多くの方法が紹介されています。

暑熱環境を緩和……と聞くと何だか難しそうに響きますが、ようは「この不快な暑さを、知恵も技術も総動員してなんとかしてみよう!」というもので、けっこう原始的な方法も紹介されているのですが、それゆえ手軽なうえにお金もかからず、気軽に取り入れられそうです。

早速いくつかご紹介しましょう。

■コストゼロの賢い暑さ対策は、超カンタン!

(1)窓や扉を開放する

<特に建物の両側の窓を開放すると効果的です。熱い空気は上昇するため、できるだけ高い位置の窓から熱い空気を外に逃がすとより効果的です。>

窓を開ける……とっても基本的なことですが、一番手軽な方法と言ったらコレ。ただし、暑すぎる時や防犯にはじゅうぶんに注意して!

(2)室内で発生する熱を減らす

 <室内には様々な家電製品やパソコンなどのIT機器があり、それぞれの機器は発熱しています。(中略)使用頻度の低い電気ポットやコピー機などがあれば、電源をオフにしましょう。>

ついプラグを差しっぱなしにしてしまう電気ポットなどは盲点。ちょっとしたことに思えても、かなり違うかもしれません。

■低予算でも暑さ対策はできる! 一石二鳥のお得な方法も

ちょっとならコストがかかってもいい、そう思う方にはこちらの方法を。

(1)日射を防ぐ(すだれ、シェードなど)

<特にすだれが吸収した熱を屋内に持ち込まないよう、屋外に設置することが重要です。>

(2)壁や窓を緑で覆う

<植物の蒸散作用などにより葉っぱの温度が上昇しないため、緑のカーテンはより快適です。>

(3)窓の断熱を強化する

<特殊なフィルムを貼ることで、室内に入る日射を減らし、室温の上昇を抑制して冷房用エネルギーを削減しましょう。>

窓用日射遮蔽フィルムを張ることで、室内温度が2℃下がったという実証実験結果もあるのだとか。

すだれも植物もホームセンターで手に入るもの。どうせならすだれにオシャレな装飾をしてみたり、この際ベランダで野菜を栽培して一石二鳥!なんて手もありですね。

以上、猛暑に負けない、お財布に優しい暑さ対策についてでしたが、いかがでしょうか?

年々暑くなる夏。節電や節約はもちろん大事ですが、無理しすぎてしんどくなる前に、エアコンなどの適切な利用も重要だということはどうか忘れずに!