『スター・ウォーズ』『タクシードライバー』『エクソシスト』。これらの名作のタイトルを手がけたデザイナー、ダン・ペリの短編ドキュメンタリー映像を紹介。観客を作品にのめり込ませるために重要な役割を担うタイトルデザインは、どのようにつくられているのか。

映画のタイトルシーンは、まさに芸術だ。それはただのイントロダクション、というだけではない。観客に、これから観ようとしている映画に対する心の準備をさせるという意味で、オープニングクレジットには重要な役割があるのだ。

「名作映画を支える「タイトルデザイナー」という仕事」の写真・リンク付きの記事はこちら

アカデミー賞を主催することで知られる団体、映画芸術科学アカデミーがつくる映像ドキュメンタリーシリーズ「Academy Originals」で、ハリウッドで最も有名なタイトルデザイナーであるダン・ペリが紹介されている。きっと誰もが彼の手がけた作品を見たことがあるだろう。

warriors

IMAGE COURTESY OF PARAMOUNT PICTURES

taxidriver

IMAGE COURTESY OF COLUMBIA PICTURES

さらにいくつか例を挙げると、『フライングハイ』(1980年)、『エクソシスト』(1973年)、『赤ちゃん泥棒』(1987年)、そして「エルム街の悪夢」シリーズ(1984年〜)などがある。彼は観る人を映画に浸らせるプロだ。

彼のキャリアは早い時期から始まっている。ペリは12歳で看板の塗装の仕事を始めた。高校に入ると伝説的デザイナー、ソール・バスの作品に出合い、自身もグラフィックデザイナーになることを決める。

「バスのストーカーのようなものでした」と彼は振り返る。バスはのちにペリのメンターとなり、若きデザイナーにグラフィックデザインの基礎を教えた。その手法がのちに、ペリのキャリアで生かされることになる。それ以来、ペリはずっとタイトルデザインの仕事を行っている。彼のキャリアは約40年。手がけた映画とテレビ番組のタイトルシーンは400に上る。

RELATED

ペリの名を知らしめたのは、『エクソシスト』のタイトルデザインだ。作品の冒頭、バイオリンの悲鳴が響くなか、スクリーン上でクレジットはフェードインとフェードアウトを繰り返す。

ペリがデザインしたタイトルは血のように赤いセリフフォントで、とても薄く、暴力的だった。それはまるで、ナイフで刻まれたかのように見える。「この映画を見ると、頭のなかである種の治療を受けたように感じました」と彼は言う。

ペリは通常、色、文字サイズ、陰影などに取り組むために、1つの映画のクレジットを仕上げるのに2〜3カ月費やすと言う。「個々の決定は小さいものですが、全体で見ると大きな影響力をもつのです」

(タイトルデザインには)実験する余地はたくさんあるが、融通の利かない制約もあるとペリは言う。例えば、俳優の名前はタイトルの半分のサイズでなければならない。「それらは実際に測らなければいけないのです」

ペリはたいていの場合、デザインするときは経験と勘に頼るという。「タイトルデザインは、観客の感情を呼び起こすものでなければいけません」と彼は言う。「それはストーリー、キャラクター、そして作品の設定に関連するべきです。そしてタイトルは、ついでにそこにあるかのように、自然に存在しなければいけないのです」