中国メディアの捜狐は26日、中国の自主ブランド車のなかには「品質面で著しい進歩を遂げ、合弁メーカーの品質に追いついたブランドもある」と主張する一方、中国国内では「中国車は低品質という偏見が今なお存在する」と論じた。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国メディアの捜狐は26日、中国の自主ブランド車のなかには「品質面で著しい進歩を遂げ、合弁メーカーの品質に追いついたブランドもある」と主張する一方、中国国内では「中国車は低品質という偏見が今なお存在する」と論じた。

 記事は、中国の消費者は中国自主ブランド車に対し、「外見が良くても中身が良いとは限らない」と考えていることを指摘し、こうした認識が広まったのは一部の自動車メーカーが他国の車種の外観をコピーして販売したためであると指摘。

 だが、中国の自動車メーカーである吉利汽車が先日、自社の車と日系車をともに分解し、比較するという企画を行ったことを伝え、「日系車との比較の結果、吉利の自動車は決して外見だけではないことが明らかになった」と主張した。

 もちろん日系車とはまだ品質面での差があることは認めつつも、過去の中国自主ブランド車の品質とはまったく違うと主張し、中国自主ブランド車について「安かろう悪かろう」の存在と考えるのは固定概念に過ぎず、現在はもはや当てはまらない考え方であると論じた。

 中国自主ブランド車の品質が向上してきているという記事の主張はあながち間違ったものではない。だが、品質向上の背景にはやはり模倣があるのも事実だ。中国で人気の自主ブランド車のなかには、トヨタ・イストやホンダ・CRVなどを模倣した車種など、日系車からパクったと考えられている車も存在する。

 だが、中国では模倣によって「研究開発コストの削減、ひいては車両の開発コスト削減につながる」と主張、浮いたコストで販売価格も抑えられ、「合弁車と遜色ない品質と低価格の製品を提供できる」と、中国人消費者の立場に立った正当な行為であるとして、模倣を正当化する報道もある。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)