東京・将棋会館前にある鳩森八幡神社「将棋堂」の前で

写真拡大

 20代での名人獲得は16年ぶりという快挙。佐藤天彦新名人(28)の将棋界での愛称は“貴族”だ。クラシック音楽をこよなく愛し、ヨーロッパ中世のロココやバロックという荘厳な貴族文化に憧れを持つ。

 洋服や家具にも自分らしいこだわりがある。洋服はベルギーの「アン・ドゥムルメステール」というブランドが好きで、洋服で100着、アクセサリーなどを合わせると150近くは集めたそうだ。つばの広い帽子や、凝りに凝った装飾のボタン、ひらひらとしたシャツ、ダマスク風の柄などに惹かれるという。

 クラシックとの出会いがすべてのはじまりだった。その出会いは中学生時代。福岡から月に2回通っていた大阪の奨励会に向かう新幹線の中にあった。窓際に掛けたラジオからドヴォルザークの「新世界」が流れてきたのである。多くの人が経験するように、雷に打たれたような感動を覚えたちまち嵌りこんでいく。そしてそこはいくら嵌っても、奥が深い限りない世界であり、しかもやがてヨーロッパの文化そのものにつながっていった。

 佐藤にとってのブランドは単なるファッションではない。自分が知りえたヨーロッパ文化の体現なのである。それは古い棋譜から新しい何かを発掘することと似ているのかもしれない。

 将棋界には三段リーグという凄まじいリーグ戦があり、それを勝ち抜かなければプロにはなれない。あまりにも厳しいので、次点を2回取れば「フリークラス」に編入されるようになった。ただし、プロとはいえフリークラス棋士は、名人戦の予選の意味を持つ「順位戦」に参加できない。

 しかし、年齢制限からも解放されるので、だれもが次点2回でプロに編入するのだが、後にも先にもただひとりプロ入りを拒んだのが佐藤なのである。優勝して堂々とプロ入りしようとした。しかしリーグは厳しく佐藤はそれ以降2年間足踏みすることになる。

 迷っていた佐藤に、「次点なんかじゃなくて、優勝して四段になれ」と進言したのは中田師匠。恐るべき勝負師根性である。停滞した2年間はきっと生きた心地がしなかっただろう。しかし、そんな決断のひとつひとつが、今こうして名人位に就くという栄光につながったといえるのかもしれない。

 佐藤の語る将棋観、勝負観。それはどれをとっても明晰で理路整然としていた。驚くのはひとつひとつの言葉や理念に、間違いのない客観性を感じられることである。そんな佐藤でも信じられないほど緊張したことがあった。22歳のころに習っていたピアノの発表会。小学生に混じってガクガクに震えてしまったという。「僕、将棋では一切緊張したことがないんですけどねえ」と新名人は爽やかに笑った。

 名人で貴族なのか、貴族で名人なのか──とにかく鬼に金棒である。

◆さとう・あまひこ/1988年生まれ。福岡県出身。1998年、小学5年生で関西奨励会に入会。2006年、四段に昇段してプロデビュー。2008年、新人王戦で棋戦初優勝。2015年、順位戦でA級昇格。同年、王座戦で羽生四冠にタイトル初挑戦するも敗退、棋王戦のタイトル戦でも渡辺明棋王(竜王)に敗れた。28歳4か月での名人獲得は史上4番目の若さで、20代の名人誕生は2000年の丸山忠久八段以来16年ぶり。(肩書は対局当時)

取材・文■大崎善生 撮影■小澤忠恭

※週刊ポスト2016年8月5日号