満州、関東州、台湾・朝鮮半島・南樺太・南洋諸島など戦前の日本統治地域の鉄道の実態は戦後70年以上を経て、ベールに包まれている。本書にはその実態が、約200枚の写真付で詳しく解説され、タイムスリップできる。写真は南満州鉄道「あじあ」号(本書より)。

写真拡大

満州、関東州、台湾・朝鮮半島・南樺太・南洋諸島など戦前の日本統治地域の鉄道の実態は戦後70年以上を経て、ベールに包まれている。どこをどんな列車が走っていたのか。現地の通貨、内地と異なる切符、時差や旅館など興味深い資料が満載。当時の旅行者がどのように鉄道旅行をしたのかが、詳しく解説され、タイムスリップできる。鉄道車両や駅舎、時刻表、チケット、観光地、旅行案内などの写真約200枚を見るだけでも往時に旅行した気分になる。

【その他の写真】

当時の日本“国内”旅行ガイドブックには、北海道から九州に至るまでのいわゆる「内地」と並んで「外地」への観光旅行案内が詳細に記述されている。市販の時刻表の巻頭には、東京から朝鮮、満州、その先の中国やシベリア鉄道を介したヨーロッパへの国際列車の連絡時刻表が掲載され、樺太、朝鮮、満州、台湾などの鉄道時刻表も掲載されていた。

圧巻は南満州鉄道の特急「あじあ」号だ。技術の粋を集めて1934年に登場。冷房完備の客車は淡い緑色の流麗なフォルムで、食堂車や展望車も連結した豪華編成だった。

「東洋に於(お)ける『陸の王者』」。デビュー当時のパンフレットにはこんなキャッチコピーが躍る。大連と満州国の首都、新京(現・長春)間の約701キロを8時間半で結び、平均時速は82.5キロ。最高時速は120キロで、当時の世界最速クラスを誇った。

あじあ号を牽引(けんいん)したスカイブルーの蒸気機関車「パシナ」は、空気抵抗を減らした流線形で、新幹線にも通じるデザイン。本書には瀋陽の鉄道陳列館で展示保存されている雄姿が掲載され往時をしのぶことができる(写真参照)。

朝鮮半島では、日本がソウル・釜山間の京釜鉄道建設に際して主張して以来標準軌が採用された。満州をつなぐルートとしても重要で、特急「あかつき」や急行「ひかり」「のぞみ」が走っていた。

苦難の末に南北縦貫鉄道が敷設された台湾では、一貫して貨物収入が旅客収入を上回っており、産業鉄道としての役割が大きかった。製糖鉄道や森林鉄道としても重要で、高砂族専用の無料列車があったという。駅は中国風と日本風の名前が混在し、台湾銀行券と日本銀行券の両方が使えた。

航空旅客輸送や長距離自動車交通が発達していなかった当時、長距離旅行と言えば列車に乗ることを意味した。本書はそうした「外地」の鉄道旅行の実態を夥しい文献や写真から読み解き、現代のガイドブック風にまとめたものだ。これまで見たことのない貴重な写真や資料も多く、著者の収集にかけた熱意と努力に脱帽したい。

大日本帝国時代の「侵略」の象徴とみなされることが多く、あまり日の目を見ることがないテーマだが、戦後70余年経った今、歴史のひと幕として冷静に振り返る書としても有用だろう。(評・八牧浩行)

<小牟田哲彦著『大日本帝国の海外鉄道』(東京堂出版、2000円税別)>