神田に2016年7月5日にオープンした『くずし鉄板 あばぐら』のコスパが凄すぎると話題になっている。同店はこれまでの鉄板焼きのイメージを覆す、鉄板でもなく割烹でもない、「くずし鉄板」という新しいスタイルだ。

鉄板焼きはちょっとハードルが高いと思っていたアナタ。ぜひ試してみてほしい。予想以上のお得なコースがあなたを待っているのだ!



渋谷や大門にも展開する商業施設「GEMS」が2016年7月神田にも誕生し、周囲のビジネスマンで賑わいを見せている。そのGEMS神田の5階に入ったのが『くずし鉄板 あばぐら』だ。“1つの作品に1つの個性”をテーマに、厳選された旬の食材を使い、鉄板焼きの常識にとらわれない斬新な料理が楽しめる。

中でも注目して欲しいのは、そのコスパ! 聞いて驚くなかれ、うに、いくら、トリュフが盛り込まれた店一押しのコースはなんと、5,000円!品数も16品が出てくるのだ。

食材を直接取引で仕入れることが、驚きの鮮度とコストパフォーマンスの共存を可能にしたという。さてその気になる全16品を一挙公開しよう!



北海道産のバフンウニとムラサキウニの2種類のうにを和牛で巻いた「和牛うに巻き」
うにからトリュフまで、豪華食材のオンパレード

1品目は、出汁の味がじんわり染み渡る「愛知産の冬瓜すりながし」からスタート。お腹の具合も準備万端になったところで、2品目の「和牛うに巻き」が登場。

北海道産のバフンウニとムラサキウニの2種類を贅沢に使用し、綺麗なサシの入った和牛で巻いたという、なんとも贅沢なマリアージュ!



黒トリュフをこぼれんばかりにたっぷりと!「黒トリュフのトースト」。季節などによりメニューは異なる。写真はコースの一例

3品目は、弾力があり歯ごたえ満点の「浜坂産の天然すずき造り」。ここで刺身が出てくるのも面白い構成だ。

続いて4品目。カウンターの奥から運ばれてきた皿の上に、シェフがスライスし始めたのは黒トリュフではないか! これで完成したのが「黒トリュフのトースト」。まるでフレンチを彷彿とさせる高級感のある一品だ。



「谷中しょうが」はシンプルに。口の中をさっぱりとリセットしてくれる。季節などによりメニューは異なる。写真はコースの一例

5品目は、口の中をさっぱりとリセットしてくれる「谷中しょうが」。このタイミングの谷中しょうがを出してくるところは、“飲兵衛心をよくわかっているな”と嬉しくなる。手づかみでパクッと行って欲しい。


ぷちぷちの「いくら飯」はほっぺた落ちる絶品!



シャキシャキの春キャベツに、浜坂産の大あさり。季節などによりメニューは異なる。写真はコースの一例
旬の厳選直送食材を贅沢に味わう

6品目には、甘さたっぷりの春キャベツに浜坂産の大あさりを合わせた一品。あさりの出汁がキャベツにまでしっかりと染み込み、優しい味に仕上がっている。



揚げずに焼きで仕上げた「ズワイ蟹のコロッケ」。季節などによりメニューは異なる。写真はコースの一例

7品目は、一口でぱくりと食べていただきたい、「フルティカトマトの甘酢浸し」。

続いて8品目には、なにやら白くてふわふわとした料理が運ばれてきた。何だかわかるだろうか? 正解は「コロッケ」。

贅沢にズワイ蟹を使ったコロッケは、揚げずに焼きで仕上げた鉄板焼きならではの一品。ヘルシーで、女性にも喜ばれること間違いなし!



食感楽しく、味も絶品「いくら飯」。季節などによりメニューは異なる。写真はコースの一例

9品目は、一口サイズの器に盛られた「いくら飯」。ぷちっと弾けるいくらの食感が楽しいご飯ものがここで登場し、満足度もさらにアップ!



シャキッとした食感が程よく残る「からすみ蓮根」

そして10品目には、酒飲みに欠かせない「からすみ蓮根」。シャキシャキ食感の蓮根に、たっぷりのカラスミ。シンプルだけど、これが最高に酒に合う!


メインがやっとこさ登場!ジューシーな「黒毛和牛しんしんステーキ」



磯辺焼きで食べる帆立はこの厚さ!季節などによりメニューは異なる。写真はコースの一例
豪華食材のコースはまだまだ続く!

お次は、11品目。そろそろコースも終盤戦だ。ここで登場するのは、「ホタテの磯辺焼き」。大振りのホタテ風味豊かな海苔で巻いてぱくっと口に運び、日本酒でキュッと締める。



13品目に登場したメインは「仙台産黒毛和牛A4しんしんステーキ」

12品目は、「活さざえと九条葱のぬた」。さざえのコリっとした食感とぬたの酸味が、メインの前に口の中をさっぱりとリセットしてくれる。

そして13品目にしてやっとメインに辿り着く。この日の肉は「仙台産黒毛和牛A4しんしんステーキ」。

絶妙な火入れにより柔らかくジューシーに仕上がった肉は、脂っこくなく、13品目にも関わらずペロリと食べられてしまうから不思議だ。



まるでパンケーキのようにふわっふわな「豚玉」

14品目は箸安めに、「夏ごぼう漬」。
そして15品目は〆の登場。これを食べなきゃ終われない「豚玉」。

一枚一枚丁寧に鉄板で焼き上げる豚玉は、その食感の軽さに驚く! まるでパンケーキを食べているかのうように軽くてふわふわなのだ。隠し味のスパイスが入った特製タレで食欲も止まらない……!

最後の16品目にデザートいただき、コースは終了。トリュフを贅沢に使った料理が出てきたと思えば、ウニやいくらなどの新鮮な魚介、最後はステーキや豚玉で鉄板魂も忘れない。これが今回提唱している「くずし鉄板」というスタイルなのだ。


これだけお得なのに、高級感あふれる個室は使い勝手が抜群!



料理に合わせて提供されるこだわりの地酒
心地よい高級感のある店内は接待やデートにも

斬新な料理に合わせたいのは、個性豊かな日本酒。ここでは、日本酒のペアリングをおススメしている。定番から貴重な銘柄まで揃っているから、好みのタイプを相談してみてほしい。



ライブ感溢れる鉄板カウンター

店の雰囲気も神田に新しい風を吹かす。石、木、タイルを組合わせた高級感のある内装に、ライブ感溢れる鉄板焼きのカウンターを設置。

さらにゆったりとしたテーブルや、接待にはちょうどいい個室も完備されている。店内にはBGMがかかっていないのだが、シェフが鉄板の上で食材を焼いている音がちょうどよくBGMのかわりとしてリズムを刻む。



接待にちょうど良い個室も完備されている

心地よい高級感がありながらも、驚くほどリーズナブルに絶品料理が楽しめる新店。「くずし鉄板」という新しい神田の“粋な場”を楽しんでみてはいかがだろうか。