ゆとりのある暮らしは理想です。

しかしオウチーノ総研が、20〜39歳の未婚男女553名を対象に行った調査では、「今の生活に、経済的ゆとりはありますか?」との質問に68.1%が「ない」と回答。

約7割が経済的ゆとりを持てず、その原因では「収入が低い」が58.4%でトップとなっています。住んでいる場所の物価や家賃が高ければ、安い給料で生活していくのが大変ですよね。

しかしその悩みは、住む場所を変えれば解決するかもしれません。

今回は海外メディア『CBS News』が報じた、給料は高いのに生活費が安いアメリカの都市をご紹介します。

■1:テキサス州オースティン(全米平均生活費の下回り率-6%/平均世帯所得649万円/失業率2.9%)

テキサス州の州都であるオースティンは、ライブミュージックの聖地として知られており、観光客もたくさん訪れます。

また全米有数の規模を誇るテキサス大学の本部キャンパスがあります。ハイテク企業が多く集まるため、キャリアチャンスも多い都市です。

■2:オハイオ州コロンバス(平均生活費の下回り率-10%/平均世帯所得575万円/失業率3.8%)

オハイオ州の州都であるコロンバスは、手頃に住めるアメリカの主要都市のひとつです。ファッションデザイナーや経済学者など、さまざまな職業の人が高い収入を得ています。

人気ランジェリーブランドのヴィクトリアズ・シークレットの本社も、コロンバスにあります。またアメリカの平均生活費より、10%も低い生活費で暮らすことができます。

■3:ノースカロライナ州ダーラム(平均生活費の下回り率-8%/平均世帯所得530万円/失業率4.2%)

リノースカロライナ州中央部に位置する都市ダーラム。州都ローリー、ダーラム、チャペルヒ地域はリサーチ・トライアングルと言われ、教育機関や研究所が集まる学術都市として位置づけられています。

またダーラムには、名門私立大学のデューク大学があります。

■4:テキサス州ダラス・フォートワース・アーリントン都市圏(平均生活費の下回り率0%/平均世帯所得535万円/失業率3.5%)

テキサス州北部にある都市ダラス、アーリントンなどを含む大都市圏。このエリアは、石油産業の中心地であり、今でも労働市場の重要な部分を占めます。

またアーリントンは、ダルビッシュ有投手が所属するMLBテキサス・レンジャーズの本拠地としても有名です。

■5:テキサス州ヒューストン(平均生活費の下回り率-1%/平均世帯所得613万円/失業率4.8%)

テキサス州南東部に位置するヒューストンは、全米第4の都市。テキサス州最大の都市でありながら、生活費は全米平均より低くなっています。

世界最大級の医療研究機関テキサス医療センターや、アメリカ航空宇宙局のジョンソン宇宙センターがあります。

■6:ネブラスカ州リンカーン(平均生活費の下回り率-10%/平均世帯所得531万円/失業率2.5%)

ネブラスカ州の東部に位置する都市リンカーンは、州都でありながら全米平均を大きく下回る生活費で暮らすことができます。農業が主要産業であり、州立大学ネブラスカ大学リンカーン校があります。

■7:テキサス州ミッドランド(平均生活費の下回り率-3%/平均世帯所得791万円/失業率4.3%)

またしてもテキサス州の都市がランクイン。テキサス州西部にあるミッドランドは、エネルギー産業が主要の都市。平均世帯所得が高く、特に石油技術者や地質学者が魅力的な給与を得ているようです。

■8:ペンシルベニア州ピッツバーグ(平均生活費の下回り率-4%/平均世帯所得533万円/失業率5.7%)

ペンシルベニア州南西部に位置する都市ピッツバーグは、多数の大学がキャンパスを置く、学術都市としても知られています。

同じ州の都市アレンタウンやフィラデルフィアなどは生活費が全米平均を上回るものの、ピッツバーグは下回っています。

■9:アリゾナ州ツーソン(平均生活費の下回り率-2%/平均世帯所得468万円/失業率5%)

アリゾナ州南東部にある都市ツーソンは、求人市場が急成長しています。精神科医や外科医といった医療分野の職では、高い収入を得られる都市そうです。また大規模の州立大学アリゾナ大学の本部があります。

■10:ウィスコンシン州ウォーソー(平均生活費の下回り率-9%/平均世帯所得544万円/失業率3.4%)

ウィスコンシン州の中部に位置する都市ウォーソー。主要産業は製造業ですが、農業も重要な雇用分野のようです。平均世帯所得はそれほど高くないものの、生活費は低い水準となっています。

ニューヨークやサンフランシスコといった都市はやはりランク外でした。

しかしアメリカには給料は高めなのに、生活費は平均以下という魅力的な都市がたくさんあるのです。もしあなたがアメリカで暮らせるとしたら、どこを選びますか?

(文/椎名恵麻)

 

【参考】

※10 cities where pay is high and cost of living is low-CBS News

※生活とお金に関するアンケート調査(20〜39歳の未婚男女対象)-オウチーノ総研