婚活中ですが、結婚したいと思えません

写真拡大

はりきって婚活を始めたが、いい相手に巡り会えないまま「婚活疲れ」に陥ってしまうケースはよくあるという。
「教えて!goo」にも、そんな女性の一人より「『結婚』が苦痛です」という質問が寄せられていた。質問者は20代半ばから婚活をしているが、なかなか結婚したいとは思えない。その理由として、年収が高い人には良い人がおらず、逆に年収が低い人は仕事にやる気がなく魅力を感じなかった、などとこれまでの経験を挙げている。しかし結婚できないことに対するプレッシャーは強いようで、「夜になると泣いてしまい、子連れの親子をみるとイライラします」という。これに対して寄せられた回答を覗いてみると――。

■恋愛と高収入、両方を得るのは難しい??

「あなたが仕事が大好きであれば、結婚相手はそんなに稼がなくてもいいのではありませんか。男として、人間として立派な方がいいと思います。お金をたくさん稼ぐのが男らしいとは思わないので。」(gouzigさん)

「結婚生活に恋愛感情は必要ありません。必要なのは健康な精子と生活できるだけの収入だけです。ちゃんとした恋もしたいし高い収入のパートナーも得たい・・・・・現実としては難しいと思います。」(rainbowenglishさん)

というように、相手の年収と恋愛は切り離して考えたらどうか、という意見が多く見られた。しかし質問者は、自分も稼いでいるので相手にもたくさん稼いでほしいとのことで、年収の低い男(1000万円程度)には、仕事への取り組み方が甘く魅力を感じない、と。なかなか根が深いようである。そのほかの回答を見ると、

「婚活に疲れたなら、恋愛から始めたらよろしいのではありませんか。」(8h6a3l2さん)

「私も20代半ばから婚活を続けていますが、続ければ続けるほどなかなか良いと思えなくなるんですよね…。何してるんだろうって思ったり、理想ばっかり高くなるし。」(tk-tntnさん)

といった、婚活疲れに同情する声や、

「結婚できて、それが死ぬまで続いたら確かにいい事だけど、そうはいかなくとも仕事ができて今が幸せならそれで十分じゃないですか。」(pkjellyさん)

「あなたは収入もあるみたいだし、無理して妥協してまで結婚する必要はないと思います!周りの声は気にしなくて良いと思います。もし、本当に好きな人ができたら結婚すればいいと思います。」(rimirimi2134さん)

などと、無理に結婚しなくてもいいのではないかという回答も見られた。さらに、

「いかにして幸せになるか?という命題においては、“権利意識”はなるべく持たない方が有利だと思います。『私はこれだけ努力した(有能である)のだからOOしてもらって(OOになって)当然だ』という意識だと、当然か不幸しかないのですから、いつまでたっても幸せにはなれません。」(HeyXeyさん)

という、幸福そのものに対する意見も。「幸せになって当然」と考えていては、いつまでたっても幸せにはなれない、ということである。……みなさんはどう思われるだろうか。

三枝大介(Daisuke Saegusa)