ドン引きな「ママ友の子どもへの行為」2位過干渉を超えた1位は?

写真拡大

子どもは十人十色。そしてまた同じように、子育てもその家庭ごとに違った特色があるものです。

「よそはよそ、うちはうち!」ですから、別に他人の家の事情はどうでもいいけど……それでも「えっ!?」と思ってしまうような行動を目にすることはありませんか?

そこで今回は『WooRis』が独自に、小学生以上の子どもをもつママを対象に、“ドン引きするママ友の子どもへの接し方”のアンケートをとりました。その結果をランキング形式でご紹介します。

お宅は当てはまっていませんでしょうか……?

 

■5位・・・なんでも褒めちぎる(27.1%)

“なんでもわが子を褒めちぎる”ママが5位にランクインしました。

どんなことでも褒めるママは、ほかのママからすると「うわっ、親バカ……」と思われているのかもしれません。

『WooRis』の過去記事「わが子が将来ダメ人間に?絶対やってはいけない“NGな褒め方”3つ」でもお伝えしているように、大げさに何でも褒めると、褒められること自体を目的とするようになり、誰かが見ていないところでは怠けるようになってしまう恐れがあります。

とはいえ、褒めることは“親が子どもを見ている”証拠。褒めないよりずっといいでしょう。

 

■4位・・・大きくなっても一緒に入浴(29.4%)

小さいお子さんをおもちのママは、いつまで子どもと一緒に入浴するか考えたことはありますか?

アンケート内には「小学六年の男子と一緒に入浴していることに引く」という意見がありましたが、これもまた家庭によって意見はさまざまなようです。

子どもが一緒に入りたがったら、親は無理に拒絶する必要はありませんし、健全に育っている子どもであれば自然と一緒に入ることに抵抗感をもつ日がきます。

しかし、早々と親子別で入浴するようになった家庭からは、「まだ一緒に入っているの?」と思われても仕方のないことかもしれません。

 

■3位・・・ごはんを食べさせてあげる(30.5%)

これにはいくつかパターンが考えられますが、乳幼児に食べさせているのと同じようにしているとしたら、ちょっと問題がありそうです。

多くは、「食べてほしいのに食べてくれないから口にもっていく」「食べるのが遅いから無理矢理詰め込む」といった具合に、親の都合ではないかと考えられます。

それでも、小学生以降で親が子どもの口に“アーン”してあげるのは、ちょっと甘やかしすぎかもしれません……。

 

■2位・・・なんでも「危ない」と言って子どものやることを禁じる(35.3%)

“過保護”と“過干渉”の違いをご存知でしょうか?

過保護とは、子どもの欲求を満たしてあげるためにやりすぎることです。しかし、実際には子どもが望むこと全て叶うはずもありません。甘やかしのイメージが強いですが、それで子どもの心が満たされれば、しっかりと自立に結びついていきます。

一方の過干渉は、子どもが望んでもいないことをやりすぎることです。2位にランクインしたのはこの“過干渉”であり、「危ないからやらせない」という思想は、今後の子どもの人生をダメにしてしまう恐れがあります。

命に関わるような危険な行為は、きつく叱ってでもやめさせる必要がありますが、そうでない場合は多少ケガをして“危ない”ということを子ども本人に身をもって体験させましょう。そういった経験が、子どもに“どこまでがいけないのか”、“どうしたら痛いのか”などのボーダーラインを作り上げます。

過干渉は周りが引く以上に、子どもの成長に悪影響を与えてしまいますので、親としてその自覚をしっかりともってほしいものです。

 

■1位・・・ご飯を食べていないのに、お菓子やデザートをあげる(36.4%)

僅差で1位になったのは“ご飯を食べていないのに、お菓子やデザートをあげる”ママとなりました。

「うちの子少食で……」という親の子どもが、お菓子になるとペロリと食べているというケース、ありますよね。ご飯をきちんと食べないのにお菓子やデザートを与えることで、悪循環に陥っている可能性があります。

そんな様子を見て、ほかのママたちは「えっ、ご飯食べてないのにお菓子?」と内心驚いているかもしれません。

 

いかがでしたでしょうか? 「うちってそう思われてたの!?」とドキッとされた方もいるかもしれませんね。

教育方針はさまざまですから、これが我が家の形、と割り切るのもひとつです。でももし「今の状況を変えたいのに!」と思いながらやっていることであれば、思い切ってママ友に相談してみてはいかがでしょうか。「よかれと思ってやっているわけじゃないんだ」と思ってもらえれば、“引かれる”こともなさそうです。

(ライター 沖田かへ)

 

【関連記事】

※ ママ友ドン引き!「猟奇的な妻」認定される夫の愚痴LINE4つ

習い事の強要なんて…勘弁!「ママ友続けるの無理」と思われちゃう言動3つ

3位アポなし訪問…ママ友と「もう縁切ろうかな…」と思う瞬間ワースト5

 

【Specialコンテンツ(PR)

※ 知らないと損!キレイママはこっそり使っている「シャンプー」

※ たったこれだけ!? メラニンを防ぐ日焼けに負けない美肌の作り方

※ 酵素やスムージーを超える?山田優も愛飲、全米大ブームのコンブチャとは

 

【姉妹サイト】

※ たったソレだけで…!? 誰でも簡単に「お金を貯められる」方法3つ

※ やだ新婚さんみたい!「冷えた夫婦関係」がアツアツに戻る秘訣4つ

 

【画像】

※ ucchie79 / Shutterstock