アニメ「DAYS」の第4話『4th day 命かけて僕は生きたいんです』を、場面カットとあらすじで振り返る!/(C)安田剛士・講談社/DAYS製作委員会

写真拡大

TOKYO MXほかで放送中のアニメ「DAYS」(毎週日曜夜11:30-深夜0:00ほか)の第4話『4th day 命かけて僕は生きたいんです』を、場面カットとあらすじで振り返る。

【写真を見る】第4話では、つくしがクラスメートで同じ美化委員の生方千加子に、掃除を手伝ってほしいと話し掛けるが、話を聞いてもらえず、練習に遅刻し外周ダッシュをさせられていた/(C)安田剛士・講談社/DAYS製作委員会

本作は、強豪サッカー部を舞台に、何の取りえも持たない少年・柄本つくしが、くせのあるメンバーらと絆を結んでいく友情の物語。人知れず熱い心を秘めた高校1年年のつくしは、初心者にもかかわらず、西東京の名門・聖蹟高校サッカー部に入部する。つくしは、風間陣をはじめさまざまな部員と共に奮闘し、成長していく。

【第4話『4th day 命かけて僕は生きたいんです』】

クラスメートで同じ美化委員の生方千加子に、掃除を手伝ってほしいと話し掛けるつくし。だが、話を聞いてもらえず、練習に遅刻し外周ダッシュをさせられていた。ひたむきに走り続け、サッカーを諦めない彼の姿を見た生方は、昔の自分を思い返す。その頃、中澤監督はインターハイメンバー選考に向けて、選手たちの練習を見守っていた。

なおTOKYO MXでは、毎週日曜朝10時30分から再放送を行っている。