富士山?おむすび?海外で大ウケのこの商品の正体は…

写真拡大

富士山らしきシルエットと日の丸があしらわれたこのパッケージ。中には、お米でできていると思われる三角形の何かが。実はこれ、中身はせんべい。

このおむすびのような形のせんべいが、ニューヨークで大ウケだったんです。

せんべい×ニューヨークのスターシェフ=カナッペ

全国的に有名な銘菓、浜松名物「うなぎパイ」。この「うなぎパイ」を作る春華堂が展開している和菓子ブランドがあります。その名も“五穀屋”。ニューヨークで大ウケだったという「山むすび」というせんべいは、実はこの五穀屋の商品なんです。

もち米と玄米を贅沢に使った、食物繊維やビタミンB群を多く含み、ザクザクとした食感が魅力の「山むすび NYエディション -Mt.Fuji- 玄米醤油」。

20160730_gokokuya00 5枚入り:594円/10枚入り:1080円/20枚入り:2160円

 

そして、丸麦、もち麦、押し麦、もちあわ、もちきび、ひえ、黒米という7種類の国内産穀物を使い、鰹節の粉を隠し味に使った「山むすび NYエディション -Mt.Fuji- 七福米塩」。

20160730_gokokuya01 5枚入り:594円/10枚入り:1080円/20枚入り:2160円

 

ザクザクした軽い触感のこれらのせんべいが振る舞われたのは、“食のオスカー賞”と呼ばれる「ジェームズ・ベアード・アワード」の主宰財団が開催する、“Chefs and Champagne”でのこと。今年で26回目を迎えるニューヨークのこのイベントに、日本ブランドとして初めて選ばれたのが五穀屋です。

20160730_gokokuya06

そのイベントの際に、ニューヨークのスターシェフとコラボし作られたメニューが、せんべい「山むすび」を使ったカナッペ。

20160730_gokokuya04

「寿司をモチーフとしたカナッペに、ライスクッカーとして使われた山むすびは、口に含んだ時の五穀それぞれの噛み心地が際立ってとてもいい」

とスターシェフやフードジャーナリストたちから絶賛されたそう。

20160730_gokokuya02

このイベントに記念品として提供した、富士山デザインの「山むすび」が、「山むすび NYエディション -Mt.Fuji-」です。見た目も中身も外国の方へのお土産にうってつけのこの和菓子。たしかに分かりやすいし、もちろん味も間違いなしなので、ウケるのも納得です。オンライン限定で発売中。

五穀屋「山むすび NYエディション -Mt.Fuji-」>> http://gokokuya.jp/contents/gokokuya_special/NY2016.html

(文/&GP編集部)