29日、中国のポータルサイト・今日頭条が、中国人が日本旅行へ行く理由について分析する記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年7月29日、中国のポータルサイト・今日頭条が、中国人が日本旅行へ行く理由について分析する記事を掲載した。

記事によると、日本旅行へ行きたがるのは、治安が良く窃盗がほとんどないこと、どの都市に行ってもきれいなこと、四季折々の良さがあること、ティッシュを持ち歩かなくても不便しないこと、公衆トイレがきれいなこと、コンビニがとても便利なこと、品物の品質が高いこと、新幹線での死亡事故がないこと、高品質のサービス、伝統と現代が完璧に融合していること、交通の便利さ、100円ショップ、時刻表が正確、みんなブランド物を使用していること、必ず並んで秩序があることを挙げた。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日本人は本当に礼儀正しい。中国人の民度とは数十年の開きがある」
「行ったことのない人に日本の良さは分からないよ。この文章はすべて真実」

「良い所は学ばないとね。ただののしるだけでは意味がない」
「日本に行く前は日本をののしっていたが、大阪と京都に行ってみて日本は素晴らしい所だと知った。30年以内に中国が日本に追いつくことを願うが、努力しなければ50年かけても無理だ」

「日本は美しく、人の素養が高くてだまされる心配がない。だから日本が大好きだ」
「中国の観光地で、人をだまさず、高い入場料を取らず、サービスが悪くなく、商業化されていないところなどあるだろうか?だから日本に観光に行くんだよ」(翻訳・編集/山中)