水々しさと甘さが特徴の夏の風物詩・梨。もう間もなく旬を迎えます。毎年、梨の季節を楽しみにしているという方も多いでしょう。そんな皆に愛される梨なのですが、美味しさもさることながら驚きのパワーを秘めているのをご存じですか?

ここでは、ビューティーフードアドバイザーの筆者が、知られざる梨に含まれる驚きのパワーについて、お話していきたいと思います。

■便通改善や咳止めにも…梨の驚きのパワー

梨の栄養素と言えば、むくみの予防・改善に役立つカリウムを思い浮かべる方が多いのでは? もちろん、カリウムも豊富です。それに加えて注目したいのが、下記の2つの栄養素。

(1)ソルビトール

ソルビトールは、梨に含まれる甘味成分。吸水作用により便を柔らかくしてかさを増し、腸の蠕動運動を促進することから便通の改善に期待されます。

(2)リグニン

梨のざらざらとした食感は、食物繊維中の石細胞・リグニンという成分によるもの。リグニンもまた、腸を刺激して便通を促したり、大腸がんの予防に繋がったりすると言われています。

また、梨のしぼり汁にはしつこい咳を鎮めたり、のどの痛みを和らげたりする効果も期待できます。夏風邪をひいてしまった時は、梨のジューシーな果汁を取り入れてみてはいかがですか?

次に、美味しい梨の選び方と保存方法をご紹介します。

■美味しい梨の選び方&保存法

【美味しい梨の選び方】

(1)持ったときに重みを感じるもの

(2)皮に張りがあるもの

(3)表面に傷み・傷がないもの

(4)皮の色が濃いもの

(5)下部のお尻の部分がしっかりとしているもの

【梨の美味しさをキープする保存法】

梨は、購入後できるだけ早く食べるのがオススメ。保存するのであれば、冷暗所で3〜4日が目安です。甘さを味わうためにも、冷蔵庫で冷やすのは食べる数時間前がベスト。その際は、乾燥を防ぐためにビニール袋に入れるとなお良しです。

梨の魅力を再発見できましたか? この夏は、梨の美容・健康効果も意識して取り入れてみるのも良いかもしれませんね。

【関連記事】

緑茶vs.紅茶!痩せたい人が選ぶべき「代謝アップドリンク」の秘密