飛行機で生ビールが飲める日が、いよいよやってくる

写真拡大

KLMは飛行機の機内で生ビールのサーヴィスを開始する。フライトアテンダントがその場でビールサーヴァーを使ってビールを注ぐだろう。どのようにして可能になったか。そしてまだ解決が必要な致命的な問題とは。

「飛行機で生ビールが飲める日が、いよいよやってくる」の写真・リンク付きの記事はこちら

ビールを正しく注ぐのは、見た目ほど簡単ではない。適切な圧力、適切な温度、最適な量の二酸化炭素、しかるべく油を除去したグラス、グラスとサーヴァーのコックの間に6〜8cmの距離を取ること、ガスが多く入り過ぎるのを防ぐために正しくグラスを傾けること、表面の泡を濃密にして縁までグラスを満たすためになみなみと注ぐこと…そういったあれこれが、必要だ。

要するに、手元の技術と専門知識、さらには適切な器具がすべてが揃っていることが必要となる作業だ。

さて、では高高度の飛行機の機内でビールを注ぐとどんなことが起こるだろうか? その答えが、どうやらすぐに明らかになる。なぜなら、リオ五輪を視野に入れて、オランダの航空会社KLMがハイネケンとのコラボレーションにより、フライトアテンダントがその場で注いだビールを乗客に提供することを始めると決定したからだ。

しかし、高度1万mにビールサーヴァーを持ち込むには、注意深い研究が必要だった。何よりもまず、安全上の理由から、機内には圧縮二酸化炭素のボンベを持ち込むことが禁じられているためだ。このため、ハイネケンはビールを樽(プラスティック製)からコックへと導くために、空気の圧力のみを用いた新しい方法を研究しなければならなかった。高高度にいるため、気圧はそもそもすでに低い。このことから、使用する空気をさらに圧縮して、ビールが純粋な泡の形でグラスに届くようにしなければならなかった。

しかし、残念なことに、飛行機の小さな空間は、冷蔵システムまで機内に準備することを許さなかった。樽はすでに冷えたものがアムステルダム空港で積み込まれる。したがって、冷えたビールを何よりも愛する乗客は、離陸したらすぐに注文しなければならないだろう。

問題となるもう一つの残念な点は、ガラス製の酒器で提供できないことだ。これも安全上の理由で、プラスティックの代用品に置き換えられる。

こうした工夫がなされる予定ではあるが、高度のせいで人の味覚は変わってしまうこともあり、実際ところ、正しく注がれた生ビールを楽しむという体験は台無しになってしまうかもしれない。しかし、研究はまだ始まったばかりだ。そして、ビール会社は、大洋の上空を飛ぶ間に多くの人々を幸せにするようになるだろうとわたしたちは確信している。そう、それはグラスや温度に関係なく。