【iPhoneでGoogle】溜まっていく写真は「Googleフォト」で自動保存

写真拡大

無料なのに完成度の高いGoogleのアプリは、iPhoneでも使えます。そこで、お役立ちGoogleアプリのiPhoneでの便利な使い方をお届けします。

iPhoneの容量を圧迫していく写真は自動で保存

Googleの写真・動画管理アプリ「Googleフォト」。無料で使える容量が5GBの「iCloud」に比べて、容量無制限なのもうれしいところ(※ただし条件あり、後述)。

そんなGoogleフォトには、端末内の写真を自動でバックアップする機能があります。まずはアプリを起動し、画面左上のメニューアイコンをタップ。メニューが表示されたら、「設定」をタップします。

googlephoto01

続いて「バックアップと同期」をタップし、「バックアップと同期」の項目をオンにしましょう。これで、アプリを起動するたびにiPhone内の写真がGoogleフォトにアップロードされます。

googlephoto02

ちなみに、アップロード画質を「高画質」にすれば、保存できる枚数が無制限になるのもポイントです。写真は最大1600万画素に、動画は1080pまでに圧縮されます。とはいえ、スマホやパソコンのディスプレイ上で見るだけならこれで十分です。

「元のサイズ」にすれば、オリジナルの写真・動画をそのままバックアップできます。ただし、無償で提供されるのは「Gmail」「Googleドライブ」と合わせて15GBまでなので、必要に応じてストレージを追加購入してもいいでしょう。

Googleフォト上の写真は、iPhoneはもちろん、同じアカウントでログインすればパソコンやタブレットでも閲覧、編集できます。旅行の写真を容量を気にせずにまとめてアップロードするのに使うといいですよ。

 

App Store「Googleフォト」>>
googlephoto03
https://itunes.apple.com/jp/app/google-foto-takusanno-xie/id962194608?mt=8

(文/&GP編集部)