1カ月で7万人を動員したネイキッドの″楽園″が再び出現 ケンゾーとのコラボアートも

写真拡大

 クリエーティブカンパニーのネイキッド(NAKED)による体験型イベント「フラワーズバイネイキッド(FLOWERS BY NAKED)魅惑の楽園」が、7月30日にスタートする。前回の2016年1月開催時に約1カ月間で7万人以上を動員した人気イベントを今回は夏バージョンに仕上げ、8月31日まで六本木の東京ミッドタウン・ホールで草花やデジタルアートとともに涼を届ける。 ネイキッドの"楽園"が再び出現の画像を拡大

 会場は8つのセクションで構成し、生花をはじめ、オブジェや映像、インタラクティブ、香り、飲食など様々なコンテンツをラインナップ。インスタグラムに投稿した写真と連動するコミュニケーションアート「BLOOM! BLOOM! BLOOM!」や、オブジェに触れるとプロジェクションマッピングで不思議な鳥や魚が空間に舞い上がるインタラクティブアート「LIFE」、同イベントの世界を生み出している研究所という設定の洞窟「THE SECRET」など新しいコンテンツを増やしバージョンアップさせた。ミニコンテンツ「RANBOW」では、「ケンゾー(KENZO)」のフレグランス「ローパ ケンゾー」とコラボレーション。疑似ホログラフの中にある蓮の葉のオブジェに降る雨があがり虹が出る瞬間をプロジェクションマッピングで表現し、男性用・女性用の香りを週替わりで楽しめる。ハワイにあるバーニヤンツリーを模したジュースバー「BAYAN TREE」のメニューは、代々木上原のレストランでネイキッドがプロデュースに携わっている「ナイン ストーリーズ(9STORIES)」が監修し、楽園をイメージしたカクテル(1,200円〜)やモエ・エ・シャンドン、コールドプレスジュースなどを提供。会場では、前回完売したオリジナルマスキングテープやアロマブランド「アットアロマ(@aroma)」とのコラボレーション商品などイベント関連グッズも販売される。 同イベントの総合演出を手がけたネイキッドの村松亮太郎代表は「前回の和の雰囲気とは異なり、トロピカルに仕上げた。多くの草花や美術を混ぜて五感で"魅惑"を感じられるイベントで、インタラクティブなコンテンツと合わせて体感してほしい」とコメント。7月30日に開催されたプレスプレビューでは、同イベントのテーマソングを担当する出雲咲乃がライブを披露し開幕を盛り上げた。■FLOWERS BY NAKED 魅惑の楽園会期:2016年7月30日(土)〜8月31日(水)時間:月〜木 / 日 / 祝日 10:00〜20:00   金 / 土 / 祝前日 10:00〜21:00   ※初日のみ17時開場   ※8月10日(水)は10:00〜21:00   ※最終日は21時まで   ※入場は閉館の30分前までチケット(当日券):   大人(高校生以上)1,400円 / 小人 900円 ※未就学児無料公式サイト