浴衣姿にプラスしたい♪ 色鮮やかな和小物がそろう、金沢のカフェ&ギャラリー「三味」

写真拡大

金沢市東山にある「三味(しゃみ)」は、築120年を超える町家を活用したカフェ&ギャラリー。観光客で賑わうひがし茶屋街から一歩離れた静かな環境で、店内には普段使いぴったりのかわいい工芸品がずらり。浴衣や着物など夏の装いにプラスしたいアイテムがそろっています。

ひがし茶屋街から一歩離れた、静かで趣ある街並み

金沢駅からバスで約10分、「三味」のたたずむ場所は、ひがし茶屋街のメインストリートからほんの一筋南に入った一角。
賑やかな観光地から一歩離れた、東山本来のしっとりとした街並みが残る環境です。

木虫籠(きむすこ)と呼ばれる細かい格子戸が美しい建物は、築120年以上の歴史をもつ町家を活用したもの。
太い梁のある吹き抜けや、昔ながらの箱階段などが、そのままの姿で残っています。

色とりどりに花咲き誇る、つまみ細工の髪飾り

雑貨コーナーに並んでいるのは、石川県在住の工芸作家らが作った繊細で華のある和雑貨の数々。

スイセン、バラ、テッセンなどの花々を表現したつまみ細工の髪飾りはとてもリアルで、いくつか集めて着けるとまるで花束のよう。1つ3,000円以内で買える、手の届きやすい価格帯も魅力的です。

小さな「加賀てまり」や「加賀指ぬき」のアクセサリー

工房「繭珠」のアクセサリーは、金沢の伝統工芸である「加賀てまり」や「加賀指ぬき」の技法で作られたもの。

小さな加賀てまりは、スマートフォンのイヤホンジャックに刺すスマホピアスや、ヘアゴムに。絹糸の光沢が美しい指ぬきは、ペンダントトップや帯留め、スカーフ留めなど、様々な用途に使用できます。

ギャラリーや若手作家のアトリエも見学可能

2階はギャラリーとして使えるレンタルスペースになっていて、地元作家の作品展など、様々なイベントが行われています。

イベント開催時以外でも、石川県白山市で生産される伝統の織物「牛首紬」で作ったオブジェが常設されているので、ぜひ足を運んでみてください。

店の奥には蔵があり、若手工芸作家のアトリエとして活用されています。

ここを拠点に活動している古田航也さんは、カエルやUFOをモチーフに、「自在置物」と呼ばれる可動式のオブジェをつくる金工作家。アトリエには、出来上がったばかりの表情豊かな作品たちが、ずらりと並んでいます。

金箔入りの「金澤コーヒー」でひとやすみ

カフェコーナーでは金箔入りの「金澤コーヒー」が輪島塗のカップで楽しめます。「五郎島きんときのスイートポテト」や「おちらし黒糖ゼリー」など自家製のスイーツも充実。

三味線響く長唄の流れる大人の空間で、金沢情緒あふれるひとときを、ゆっくりと楽しんでくださいね。

ことりっぷの最新記事