鈴鹿8耐公式予選スタート、昨年の覇者「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」大会連覇を誓う!

写真拡大

ヤマハ発動機は、7月26日、「2016 ヤマハ鈴鹿 8 耐メディアカンフ ァレンス」を開催し、「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」、「YART Yamaha Official EWC Team」のライダー、監督等が集い、今年の鈴鹿8時間耐久レースに向けて「連覇」を誓った。

【ギャラリー】YAMAHA FACTORY RACING TEAM (11枚)


MS 戦略部の河野俊哉部長は、19 年ぶりに優勝した前大会を振り返り、「昨年の結果に奢ることなく、今年は"最速の挑戦者たれ。"のスローガンの下、 2 チーム体制で臨みます。どちらが優勝しても不思議でない感触を得ています。ぜひご期待ください」 と語った。
MS 開発部の辻幸一部長は、連覇へのキーファクターとなる「YZF-R1」についての説明を行い、「マシンは、すべての開発目標を上回り万全の態勢です。全世界のヤマハファン、レースファンの皆さまと感動を味わえるよう全力を尽くします」と、決意を述べた。

両チームのライダー、監督が登場すると、「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」のエース、中須賀克行選手が、「プレッシャーはありますが、チャレンジャーとしての気持ちを忘れず、ファンの皆さま、スポンサーの皆さまと力を合わせ、連覇を目指します」と抱負を述べ、会を締めた。

鈴鹿8耐公式予選で、「YAMAHA FACTORY RACING TEAM」はトップで通過。TOP10トライアルの出場を決定、最終出走チームとして、2年連続でのポールポジション獲得を目指す。


■ヤマハ発動機 鈴鹿8耐スペシャルサイト