8月1日(月)から発売する「シュウェップス ライムエード」(140円税抜)

写真拡大

日本コカ・コーラは8月1日(月)から、「シュウェップス ライムエード」(140円税抜)を発売する。

【写真を見る】味わいもデザインも大人世代向けとなっている

「シュウェップス」は、自分らしいライフスタイルを確立した大人世代に向けた炭酸飲料ブランド。今回は、ブラジルの伝統的なカクテルである“カイピリーニャ”をヒントに、夏の果実であるライムをメインに、グレープフルーツ、レモン、オレンジライムと4種類の柑橘果汁がブレンドされている。

本格的な果実感と奥深い味わいを追求し、大人にふさわしいテイストを実現。「シュウェップス」ならではの炭酸の強い刺激が楽しめ、暑い季節にピッタリの爽快リフレッシュ飲料となった。

また、パッケージも洗練されたシックなトーンとなっている。上部にはライムをメインに、炭酸の泡に包まれた4つの柑橘果実のイラストを配置。果汁ブレンドならではの深みのある味わいと爽やかな果実感、炭酸感がバランスよく表現されている。下部は夏の夜空をイメージし、深みのあるブルーですっきりと引き締められ、大人の飲料にふさわしいデザインとなった。

日々の心配事やプレッシャーから解放されたり、気分転換を図りたいときは、爽快感溢れるドリンクでリフレッシュしてみよう。【東京ウォーカー】