多頭飼いをしてよかったこと

一緒に遊べること

遊びたい盛りの、片時もじっとしていない元気な子犬。
家に来たときから遊び相手がいるのは、恵まれた環境だと思いました。
ワンちゃんは、3歳くらいになるとだいぶ落ち着いてくるので、先住犬がそれくらいの年齢までに2人目を迎えるのが特におすすめです。

犬友達によると、老犬になってくると、子犬の事を鬱陶しいと思うワンちゃんと、子犬の影響で若返るのか元気になるワンちゃんにわかれるそう。
散歩中に他の犬とのやりとりを観察してみると、愛犬のタイプがわかると言っていました。
また、ドッグランなどで、フレンドリーに遊べたり、ヤキモチを妬かないマイページなタイプは、多頭飼いに向いているそうです。

先住犬も……運動量が増えた

以前はケージで丸くなっていることが多かったのに、子犬に誘われて一緒にじゃれ合うようになりました。
私だと付き合ってあげられないような、取っ組み合いや、走り回る遊びができてとても楽しそう。
日々、少しずつでも運動量があがることで、運動不足の解消になりそうですよね。
雨の日だって、二匹でたっぷり遊べちゃいます。

しつけが簡単だったこと

先住犬の真似をするので、トイレやおすわりを覚えるのがとても早かったです。
また、どれくらい噛んでいいか加減を学んだり、獣医さんによると、先住犬から犬語を学ぶそうです。
早くから社会性が身につくので、ドッグランデビューがスムーズにいきます。
人間も末っ子は要領がよく、甘え上手といいますが、これはワンちゃんにも当てはまると思います。
環境って、性格を決める重要なファクターなんですね。

先住犬も……良い子になった

以前は、ライバルがいないので、遊び食いをすることがありましたが、今では取られまいと残さずたべたり、おすわりなどの指示にもすぐに反応したりするようになりました。
トイレの粗相もなくなりました。
この変化は予想していなかったのでびっくり!
お兄さんらしく、何かあると心配そうに覗いたり、体を舐めてあげる姿も。
一匹を褒めると、「褒めて〜」とばかりにもう一匹も寄ってくるのが可愛いです。

留守番中さみしくないこと

二匹で留守番ができるか心配で、試しに隣の部屋に隠れて覗いてみると、先住犬にトコトコついて行く姿が……。そして、ぴったりくっついて寝始めました。
本来犬は群れを作る動物なので、多頭飼いに向いているそうです。

先住犬も……私が出かけるときに鳴かなくなった

以前は、ひとりぼっちで留守番をさせてしまうことも多く、出かけるときにキュンキュン鳴いていて、本当にさみしい思いをさせていたなと思います。
帰宅したときに、おもちゃが散乱していると(二人で遊んだのかな)と微笑ましく感じます。

多頭飼いをしている犬友達に「多頭飼いのメリット」を聞いてみると……

部屋の中が明るくなった散歩で並んで歩く姿が可愛くて癒やされる二匹から膝の取り合いをされるのが幸せ大好きな子たちの子どもが生まれた二匹めがいたおかげで、ペットロスの悲しみが少し和らいだと思う二匹ともすごく長生きした

ペットショップの店員さんからも、「多頭飼いすると寿命が三年伸びると言われているんですよ」と教えてもらいましたが、これはとても嬉しいことですよね。
毎日元気に走り回る二匹を見ていると、本当にそうなのかもしれないと思えます。

まとめ

いろいろな理由がありますが、やっぱり一番よかったと思う瞬間は、寄り添う二匹を見たとき。
「仲良くしてくれてありがとう」という先住犬への感謝から、愛情や可愛さもさらに増します。
もちろん、金銭面やお世話の量、心配事や大変なことも増えますが、倍以上の幸せを味わうことができますよ。