妊娠中は「中の人たち」がフル稼働! 漫画でわかるリアルな妊婦の体内が話題に

写真拡大

Twitterやブログにアップした漫画が話題となり、その後書籍化された『子宮の中の人たち』(KADOKAWA)。

ビックリ! 「新生児」にまつわる、みんなが知らない意外な真実7

妊娠に関するコミックはたくさん出版されていますが、妊娠中の体内の様子を独特の世界観で擬人化しているのがこの本の面白いところです。

子宮の中で起こっていることと、ママになるEMIさんの様子が同時に読めるので妊婦さんにとっても参考になるはず。

今回は本書の中から、子宮の中の人たちが忙しく働くエピソードをご紹介します。

突然の受精卵の出現に慌てる(妊娠0〜3週)

卵巣の中の人たちは、毎月卵子を出荷するのが仕事。

排卵の近づいたある日、「卵子の在庫だいぶ減ってきたな〜」などと呑気に話しながら卵子を運んでいると、そこに勢いよく精子が飛び込んできて受精卵が作られます。

あまりの衝撃に驚き、慌てて子宮へ連絡。子宮の中の人たちもその知らせに動揺します。

そして間もなく子宮に転がり混んでくる受精卵。

「根をはってる、どうしよう!」「落ち着け!マニュアルどこいったっけ?」「生理班に停止命令を」「胎盤を作るんだよ!まずは」などと子宮の中の人たちは初めての経験にとまどいながらも必死に頑張ります。

そんなことも知らずEMIさんは「さいきんいっつもねむい……」と寝てばかり。周りもまだ異変には気づいていませんでした。

この場面は受精〜着床までを描いたもの。一般的に着床するのは受精から約7日後と言われています。卵巣や子宮が慌ただしくなるのもわかりますね。

そしてこの時期は「妊娠超初期症状」といわれる変化が現れるママもいます。

EMIさんのように「眠い、だるい」というものや風邪のような症状、下腹部痛など生理前とよく似た症状が多いので、まだ妊娠に気づかない人も多いでしょう。

臓器をつくるために現場はフル稼働(妊娠4〜7週)

妊娠初期は赤ちゃんの臓器の原型が作られる時期。子宮の中の人たちもフル稼働しています。「腎臓完成! 納品です!」「腸は、心臓はどうなってる?」「脊髄が遅れてる!? なぜ報告しなかった!」と怒号が飛び交います。

そんな現場に現れた社長の「妊婦が明日心拍確認に行くそうだ……」という一言に、子宮で働く人たちは絶句。納期は1週間先の予定だったので、まだ心臓の音が鳴る状態ではありません。

「明日心臓の音聞けるんだよ〜」と話すEMIさんの子宮の中で、寝る間も惜しんだ(?)心臓製作が続いたのか、翌日無事心拍が確認できたそうです。

一般的に心拍が確認できるのは妊娠7週目頃。1日も早く知りたいという気持ちになりますが、あまり早い時期だとまだ心臓が出来上がっていないこともあるので、焦らず待ちましょう。

器官がほぼ完成して赤ちゃんへのトレーニング開始(妊娠12〜15週)

妊娠12週は各器官の形成がほぼ完成する時期。とはいってもまだ赤ちゃんの身長は7cm程度。これから骨や筋肉が発達していきます。

子宮の中の人たちは赤ちゃんの動作確認をしたり、生まれてからちゃんと呼吸ができるように指導したりしています。赤ちゃんも一生懸命キックやパンチのトレー二ング。

もちろん実際には動作確認などをしているわけではありませんが、この頃から羊水の量が増えて赤ちゃんが手足を動かすようなります。

胎動を感じるのはもう少し後で、早い人でも16〜18週頃。EMIさんも18週目頃からお腹がぽこぽこするのを感じ、19週目に入ってからこれは胎動だと確信したそう。

妊婦のダイエットにより飢餓状態に!(16週〜19週)

妊娠16週目頃から耳の機能が発達します。

外の声はまだ聞こえませんが、ママの声はしっかり届くようになるそうです。EMIさんも戸惑いながら「おはようございます」などとお腹の赤ちゃんに声をかけていました。

そしてこの時期に気になるのが体重。つわりが終わって食欲が出始める人も多く、EMIさんも体重管理に悩んでいました。そのため糖質制限ダイエットを始めたのですが、そのせいで子宮の中の人たちは飢餓状態に。

食事の担当者がみんなにご飯を配ろうとしても、お鍋の中は空っぽ。「食物繊維ならあるけど……」と言いますが、毎日忙しく働く子宮の中の人たちにとってはそれでは栄養不足なのです。

こんな事態を避けるため、妊婦さんは偏った食事でのダイエットは禁物。炭水化物も大切なエネルギー源なのでバランス良く食べるようにしましょう。

この漫画はEMIさんが無事出産されるところまでが描かれていて、最後まで忙しく働く「子宮の中の人たち」の様子がわかります。

何かと不安の多い妊娠中も、赤ちゃんと「子宮の中の人たち」が頑張っていると思うと少し心強くなるのではないでしょうか。旦那さんと一緒に読むのもおすすめです。