中国では日本人の細部にまで徹底したこだわるモノづくりや、顧客の目線に立った経営方針がたびたび話題になる。こうした日本企業の強みを学ぶため、近年は多くの中国企業の関係者が日本を視察のために訪れている。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国では日本人の細部にまで徹底したこだわるモノづくりや、顧客の目線に立った経営方針がたびたび話題になる。こうした日本企業の強みを学ぶため、近年は多くの中国企業の関係者が日本を視察のために訪れている。

 中国メディアの捜狐はこのほど、日本企業を視察した中国企業の関係者が「日本で独創的なマネジメントを学んだ」と振り返ったことを紹介している。

 記事は、中国企業の関係者が日本滞在中、複数の企業や資料館で視察を行ったことを紹介。最初の訪問地は松下幸之助資料館だ。中国企業の関係者たちは、パナソニックの創業史と経営理念、特に人材育成の理念に強い感銘を受けたという。自らも経営者である参加者たちは、企業の存在意義や、社員に勤勉さと不屈の精神をいかに培わせるかについて、深く考えさせられたようだ。

 また、日本の電子部品専業メーカーでは、「いつも新しい視点を持っている」ことが成功の秘訣であることが理解できたと紹介。「市場のニーズに目ざとく、時代に合った製品を自ら提案する」姿が重要であることを学んだようだ。そのほかコストを抑えると同時に高い効率のもとで高い品質をいかにして実現するかという生産管理についても学んだと振り返っている。

 現代の中国では、少ない元手で大きな利益が得られる方法ばかりが注目されがちだ。多くが企業が金融や不動産など、本業とはかけ離れた分野での財テクに執心するなか、日本企業の多くは製品やサービスの品質に徹底的にこだわる姿勢を堅持しており、こうした姿勢こそ日本企業の最大の強みではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)