29日、中国新聞(電子版)によると、韓国の憲法裁判所は28日、公職者の金品授受を禁止したいわゆる「金英蘭(キム・ヨンラン)法」は合憲との判断を示した。

写真拡大

2016年7月29日、中国新聞(電子版)によると、韓国の憲法裁判所は28日、公職者の金品授受を禁止したいわゆる「金英蘭(キム・ヨンラン)法」は合憲との判断を示した。公務員や政治家に対する接待に歯止めをかけるもので、影響は業界関係者を含め約400万人に及ぶとみられる。

同法は昨年3月に国会承認。9月28日に施行される。公職者らが1回に100万ウォン(約9万3000円)、年間合計300万ウォン(約28万円)を超える金品を受け取った場合、職務との関連性や対価の有無を問わず罰せられる。接待の場合は、食事3万ウォン(約2800円)、贈答品5万ウォン(約4600円)、慶弔費10万ウォン(約9300円)と上限を定めている。

施行により農業、水産業、畜産業界が大きな打撃を受けるとみられる。農産品、畜産品需要は約2兆3000億ウォン(約2100億円)、レストランなど飲食業売上高は約4兆2000億ウォン(約3800億円)減少すると予測されている。特に焼肉レストランの売上高は約5300億ウォン(約485億円)、海鮮の贈答品需要は約4500億ウォン(約412億円)落ち込む見通しだ。(翻訳・編集/大宮)