世界一おいしい日本酒を決めるコンペティション「SAKE COMPETITION 2016」の表彰式が行われた

写真拡大

世界一おいしい日本酒を決めるコンペティション「SAKE COMPETITION 2016」の表彰式が、7月29日に六本木のグランドハイアット東京で開催された。

【写真を見る】「純米酒部門」のゲストプレゼンターを務めた高梨臨さん(右から2番目)

今年で5回目となる同コンペは、約416蔵(海外蔵は7場)が参加し、出品酒は世界最多の1483点(海外からの出品は21点)。「純米酒部門」「吟醸部門」「純米吟醸部門」「純米大吟醸部門」「Super Premium部門」の全5部門で実施された。

純米酒部門と吟醸部門のゲストプレゼンターは、ともに日本酒が大好きという女優の高梨臨さんとモデルの梨衣名さんがそれぞれ務めた。

高梨さんは日本酒について、「温度や米の種類、作り方によっても味が変わっていく、すごく魅力的なお酒」とコメント。一方、乾杯時は夏でも熱燗で乾杯するという梨衣名さんは「但馬 大吟醸」(兵庫県・此の友酒造株式会社)を出番の前に試飲したといい、吟醸部門で1位に輝いた銘柄の魅力を語った。

「豊かな香りがふわっと広がり、これで『ごはん一杯イケるな』というのが最初の印象。飲んでみると、口いっぱいにやわらかい味わいが広がる。ちょっと味が変わり、のどをふわっと通るのも良かったです」

高梨さんは「新しいお酒を飲むときはいつもワクワクして飲んでいますので、みなさんにこれからも素敵なお酒を造り続けてほしいなと思っています」と、今後の蔵元の活躍を期待。梨衣名さんも、「実は裏で3杯も飲んでしまいました。(但馬 大吟醸は)完全にお気に入りの日本酒のひとつになったので、これからも楽しませていただきたいと思います」と、新たな出会いを喜んだ。【東京ウォーカー】