危険!「産後うつ」につながるので今すぐやめるべき10の悪習慣

写真拡大

ビックリ! 「新生児」にまつわる、みんなが知らない意外な真実7

子育て中の母親は、常に多大なストレスを抱えている状態にあります。

自分の時間をすべて家族に捧げ、朝から晩まで休むことなく家事と育児をこなし、人によってはそこへ仕事の時間が加わるという馬車馬のような生活を送るママばかりなのではないでしょうか。

それも、365日、毎日です!

コップの水があふれんばかりに、いっぱいいっぱいの暮らしをしているママはちょっとしたことで落ち込み、自分は大丈夫と思っていても「産後うつ」になってしまうことがあります。

ママがやってしまいがちな良くない生活サイクルや考え方を見直すと、前向きな気持ちを取り戻すことができます。

そこで、今すぐにやめた方がいい悪しき習慣を10項目あげていきます。この中で、ついやってしまっている習慣はありませんか?

1:家族の笑顔を引きだすため自分に無理をする

笑顔の素敵なママにあこがれる気持ちはわかります。

しかし、夫の休日や子どものスケジュールに合わせて、自分の欲にフタをしすぎてしまうのは危険です。うまく笑えなくなり、そのストレスはいつか爆発してしまいますよ。

2:よその家庭と比較する

いつの世も、家庭環境は千差万別。

ひとつとして同じ家庭はないことは分かっていても、隣の芝生が青く見えてしまうときもあるかもしれません。他人の見える部分だけをうらやむことは、まったく意味のないことです。

3:衝動買いや突発的な旅行をする

普段は家計を守り、無駄使いをしないようキチンと生活している人であっても、なぜか衝動買いをしたりお金のかかる旅行の計画を立てたりしてしまうことがあります。

後悔しても後の祭り。一瞬で消えたお金は戻ってきません。癖になっているママは気を付けましょう。

4:ネガティブ発言ばかりする

「言霊」という言葉がありますが、口にした通りに物事は転じてしまうので要注意。

とくに自分のことを卑下する内容を繰り返すと、悪い連鎖がどんどん続いて暗い気持ちから抜け出せなくなります。

5:他の人をぞんざいに扱う

我が子にばかり気を取られ、他人にキツく当たってしまうことはありませんか?

どこかで人を大事にしない行動をとると、めぐりめぐって悪評が立ってしまったり、その行動を子どもがマネしたりする恐れがあり、非常に危険です。

6:まとまった仕事を一気に終わらせようとする

山になった洗濯物や溜まったお皿洗いなどの家事。

そして各々が抱えているやらなくてはいけない仕事に手が付けられずにいたあと、それを一気に片付けようとすると予想以上の疲れをもたらします。

それだけではなく、達成できなかったときは疲れが倍増しそう。日頃から仕事を溜めない工夫が必要ですね。

7:ソファーに座りこみスマホに没頭する

子どもを寝かしつけ、たまに自分の時間が確保できたとき、スマホゲームやSNSの閲覧ばかり無心にやっているようでは、ほかのことがおろそかになり、あとで後悔します。

早めに「時間ができたらやりたいことリスト」を作っておきましょう。

8:子どもや家族の将来を案じすぎる

計画的に暮らすことは大事です。

しかし、無駄に将来を悲観したり、子どもを信じてあげられないほどに干渉し心配すぎたりするのはよくありません。明るい未来予想を描いていきたいものです。

9:ささいなことで被害妄想を抱える

「あの人、私の文句を言っているわ」「私の話なんて誰も聞いてくれない」といったマイナス思考を持ち続けていると、何も信じられなくなってきます。

とくにママ同士のグループ関係を築く際には、多少の鈍感さは持ち合わせていないと、とてもやっていけない世界でしょう。

10:自分の都合を子どもに押し付ける

ママも人間。いつも余裕があったらいいけど、そんな聖母のようなママはいないでしょう。

イライラしたり、泣きたくなったりしながらも、毎日を必死で生きているママが一番後悔してしまうのは、自分の子どもに感情をぶつけてしまったときではないでしょうか。

必要以上に叱ってしまったり、「何度言ったら分かるの!」とヒステリーを起こしてしまったりしたあと、「言いすぎちゃったな……」と反省することもありますね。

ママにとって、いずれも耳の痛い10項目だったのではないでしょうか。

「産後うつ」は決して珍しい話ではなく、出産経験者の10〜15%の人がわずらうともいわれています。余計なストレスをためこまずに、少しでもニコニコママを目指していけたらいいですね!