2位合格の小野祐夢、憧れの選手はイ・ボミ!(撮影:岩井康博)

写真拡大

<LPGA 最終プロテスト 最終日◇29日◇周南カントリー倶楽部(6,599ヤード ・パー72)>
 山口県の周南カントリー倶楽部で行われた今季の最終プロテスト。4日間、トータルイーブンパーで回った21人の選手が合格を果たした。トップ合格はトータル9アンダーの永井花奈、2位にはトータル7アンダーで小野祐夢が入った。
みんなおめでとう!プロテスト合格者、涙と笑いのフォトギャラリー
 ツアープロとして歩み出した21人。どのようなプロゴルファーになりたいのか、が気になるところだが永井は目標とする選手は特に「いません」。小野は昨季の賞金女王、「イ・ボミさんが目標」と回答していた。その理由は、「ああいう常に上にいる選手になりたいです。安定して曲がらないところがすごいと思います」。安定感のあるプロを目標にしていくという。
 LPGAが合格者に配布したアンケートにも“目標とするプロゴルファー”という欄があり見たところ各選手バラバラといったところ。その中で小野ともう一人、2人から名を挙げられていたのはボミが唯一だった。
 その他に日本勢では宮里藍、上田桃子、諸見里しのぶ、海外勢ではテレサ・ルー、キム・ハヌル、ミシェル・ウィー、キム・ヒョージュらの名前が。また男子ではジェイソン・デイ、ジャスティン・ローズや伊澤利光、グレッグ・ノーマンなど渋い名前も挙がっていた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>