慢性腎臓病とは、「腎臓の働きが健康な人の60%以下に低下」、「蛋白尿などの尿異常」の双方、あるいは、どちらかの状態が3カ月以上続く状態を指す。進行すれば慢性腎不全となり、人工透析も必要になる。さらに、心筋梗塞や脳卒中といった命に関わる事態に陥る可能性もある病だが、その重大さに気が付かない人も多い。というのも、一般的な症状として、むくみや疲労感が挙げられるだけで、「たいした病状じゃないし問題ではない」と考えてしまいがちだからだ。
 昭和大学病院血液センター腎臓内科の担当医はこう説明する。
 「慢性腎臓病は、例えばネフローゼ症候群(尿で多くの蛋白が多く出てしまうために血液中のタンパクが減少し〈低蛋白血症〉、結果むくみが起こる)などの疾患がある場合、進行していなくても、むくみなどの分かりやすい症状が出ることがある。ところが、今増えているタイプは、それが全く出ないケースがほとんどなのです」

 理由は、生活習慣が関係しているからだという。
 高血圧、糖尿病、脂質異常症、痛風、高尿酸血症といった、血管にダメージを与える生活習慣病。これらを放置すると動脈硬化が進み血液の流れが悪くなる。
 「腎臓には200万個とも言われる糸球体(毛細血管でできた微細な球状の組織)があるが、これが動脈硬化の進行によって壊れてしまう恐れがある。糸球体は血液の中にある老廃物をろ過する、尿を作る腎臓の働きには欠かせない組織。そのため糸球体が破壊されると尿中に蛋白が漏れるようになり、腎機能が落ち、慢性腎臓病の状態になる。そうなると、自分の腎臓だけでは老廃物のろ過ができなくなるため、その機能の代替として人工透析が必要になってしまうのです」(健康ライター)

 つまり、病気の過程では分かりやすい症状が出ないということなのだ。
 腎臓病に詳しい池上内科循環器内科クリニックの矢谷哲也医師は言う。
 「実は、成人の10人に1人が透析を必要とする腎不全の予備軍と言えます。こうしたCKD(腎障害が慢性的に持続している病態の総称)の怖いところは、透析に至るリスクとなる以前に、心臓や血管に負担を与え、心筋梗塞や脳卒中の発症を高める点です。心不全で入院する患者の70%以上が、中程度以上のCKDを合併していたという研究報告もあるほどです」

 このCKDは、ほぼ無症状で進行し、腎機能が正常の45〜30%未満になって初めて、むくみや高血圧が現れるという。しかも、人工透析直前まで分かりにくいことがあるため、早期発見は健診で見つける以外に方法がない。
 恐ろしいのは、一度壊れた糸球体は元に戻らないため、慢性腎臓病を完治させる手段がないということだ。腎機能の低下が15%未満になると末期腎不全と診断される。人工透析となれば、週3回の通院で行う血液透析や、在宅で行う腹膜透析を一生続ける、または健康な腎臓を完全移植する腎移植しかない。
 「人工透析によって、腎臓が健康になって元通りの生活に戻れるということはない。慢性腎臓病で最も重要なことは、早い段階で腎機能の低下に気付き、生活習慣を早期に変えると同時に、薬物治療などで、それ以上機能が落ちないようにすることなのです」(同)