簡単だけど見た目は豪華!/調理=コウケンテツ 撮影=キッチンミノル

写真拡大

お寿司を作るとなると、なかなかハードルが高い。でも手間がかかる握りずしや、手巻きずしより簡単にできる押しずしなら? しかも台所にあるバットを使ってできるお手軽ぶり。見た目は豪華で、おもてなし料理としても最適だ。難しそうな酢飯もしょうがの甘酢漬けを使うから、面倒な合わせ酢を作らなくてOK。まぐろや鯛以外にも好きな具をのせて、オリジナルの押しずしを作ってみてはいかが?

【写真を見る】ラップを敷いてあるから楽に取り出せる/調理=コウケンテツ 撮影=キッチンミノル

【バット押しずし】(1人分231Kcal、塩分0.8g)

<材料・2人分>まぐろ(刺し身用)1/2さく(約80g)、鯛(刺し身用)1/2さく(約80g)、しょうがの甘酢漬け30g、青じそのせん切り2〜3枚分、温かいご飯250g、塩、しょうゆ

<作り方>(1)しょうがの甘酢漬けは汁けをきって粗みじん切りにする。しそとともにご飯に加え、ざっと混ぜる。塩で味をととのえて、さます。(2)まぐろと鯛は薄いそぎ切りにする。約10×15cmの小さめのバットに一回り大きくラップを敷き、半分にまぐろ、もう半分に鯛を少し重ねて並べる。1を広げてのせ、ラップをもう1枚かける。同じサイズのバットをのせて軽い力で全体を押す。そのまま冷蔵室に入れ、約30分おく。(3)バットを裏返して取り出し、食べやすく切って器に盛る。別の器にしょうゆ適量を入れて添える。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】