結婚して後悔!離婚経験者だけが知る意外なチェックポイント4つ

写真拡大 (全2枚)

結婚を決める際、相手の男性に求めるポイントはいくつありますか?
もちろん人によって琴線が異なりますが、「収入」「容姿」「家柄」を重要視するかたが多いようです。

でも、ちょっと待った!
運命を感じた相手と結婚したにも関わらず、悲しくも離婚してしまった先輩たちに言わせれば、重要なポイントは、もっと他にあるのです。

今回はその中でも、ユニークでありながら、「うん、うん」と頷ける妙な説得力のあるチェックポイントを、いくつかご紹介いたします。

結婚前に見落としがち、彼氏のチェックポイント4つ

■1: 虫が苦手

アナタが虫嫌いで、相手の男性も虫を触れなかったとします。
同じ寝室で寝ていたところに、ゴキブリが現れた!
すばしっこく動き回るゴキブリを、見失わないようしっかり見張りつつも、夫婦ともどもなかなか手を出せません。
疲弊して、最後には逃がしてしまい、気持ち悪さから寝られなくなってしまうかもしれません。

もしもどちらかが虫を仕留める係りになったとしても、虫嫌いにとって、虫を駆除するのは相当なストレスになりかねません。
アナタが虫嫌いであれば、相手の男性は虫が得意な人を選ぶのがベターでしょう。

■2:ペーパードライバー

都内でデートを重ねていると、なかなか車を使う機会がないですよね。
遠出をするにしても新幹線や飛行機などを使用するため、「彼氏が運転する姿すら見たことがない」というかたも多くいらっしゃいます。

しかし、結婚するとなると話は別。
家具を買ったり、ホームセンターでたくさん買い物をしたりすると、どうしても車が必要になる状況があります。

さらに子供が生まれると、どこへ行くにも神経を使うため、車で移動することが多くなるのです。
その際、もし相手の男性がペーパードライバーだったら、どうでしょう。
大切なお子さんの命を預けられるでしょうか。
アナタが運転をするのでも良いですが、育児に買い物に、運転までしていると、アナタのストレスは爆発寸前。
「離婚よ!」となりかねません。

■3: 物に対するこだわりが強い

インテリアや洋服に対するこだわりは、誰しもが持っている普遍的なものです。
しかし世の中には、自分にしか分からない、妙なこだわりを持っている男性がいます。

裕福ではないのに高級な洋服しか身に着けなかったり、家電製品は同じメーカーでそろえなければ気がすまなかったり、文房具はお気に入りのメーカーのものしか使わなかったり。

付き合っているときは、そんな彼氏がストイックで格好良く見えるものです。
しかしいざ結婚すると、共同生活が始まります。
相手の妙なこだわりに振り回され、疲弊していってしまう女性も少なくありません。

■4:毎日の睡眠時間が合わない

見落としがちなチェックポイントでありながら、最も重要なものの一つではないでしょうか。
人間には「ショートスリーパー」や「ロングスリーパー」など、それぞれ自分に適した睡眠時間があります。
お互いに適した睡眠時間があまりにもかけはなれていると、生活リズムにずれが生じてしまいます。

一人の時間が増えると、丁度良い距離感を保てる一方、どうしても家庭内別居のリスクは高まってしまいます。
極端なかい離がない限りは問題ありませんが、結婚前にきちんと確認しておいた方が無難です。

結婚する前に、同棲期間を設けるのも、一つの手段!

結婚前に見落としがちなチェックポイントをいくつか挙げました。
これらの他にも、アナタが許せないポイントが、実は彼に潜んでいるかもしれません。

頭であれこれ考えて、どんどん結婚に消極的になってしまうよりも、思い切って同棲を始めてみるのも一つの手です。
一緒に暮らしてみることで、自分と相手が日常生活でどんな事を大切にしているのか、琴線を知るきっかけになります。
是非同棲を始めたあかつきには、今回挙げたチェックポイントや、自分だけの細かなポイントまできちんと精査してみてください。

佐々木英造 バックナンバー

●セックスしたのに!彼があなたと会った後すぐにひとりでする理由
●名前も住所も嘘だった!他人事じゃない、彼氏の仰天ウソ6選!
●本当はアナタと付き合いたい!?男子がワンナイトラブを誘う心理
●カジュアルセックスとは?セフレより男友達とのエッチが良い理由
●奥深くに快感が!? セックスはマンネリ化した方がいい理由4つ

佐々木英造プロフィール


佐々木英造
ネットや実話誌などで執筆をするライター。趣味はゲームやネットなどかなりのインドア派。ひきこもりから一転、人間関係を学び、コミュニケーションデザイナーとしても活動を始める。

Written by 佐々木英造