女性の8割「夫と出会った年齢は25.1歳」結婚前提に交際する秘策とは?

写真拡大

ゆとり世代も前半組になると、フェイスブックやツイッターの「ご報告」というタイトルとともに指輪や結婚式の写真がずらりと並ぶ頃。周りの結婚ラッシュを迎え「そろそろ自分も……」なんて考えている人もいるのではないでしょうか?また、「お母さんは20代前半で結婚したし」と焦っている人もいるでしょう。

実際に結婚相手とはいつごろに出会い、どれくらいの交際を経てゴールインしているのでしょうか?また、昔と比べて結婚に関する意識はどう変化したのでしょうか?

■女性の約8割は25.1歳までに結婚相手と出会っている

GMOリサーチ株式会社が婚姻歴のある男女2004名を対象に行った調査によると、1974年以前に結婚した男性の約8割が29歳までに結婚相手と出会い、女性にいたっては約8割が24歳までに配偶者と出会っています。

これが、2005年以降になると、男性の約8割が34歳まで、女性の約8割が29歳までに配偶者との出会いを経験。1974年以前に結婚した人と比べるとその差は歴然ですね。

また、配偶者と出会った平均年齢を比較すると1974年以前の男性は24.2歳、女性は21.3歳で出会っています。2005年以降になると男性の平均出会い年齢は29.7歳、女性は25.1歳と4〜5年も上昇しています。これでは晩婚化も納得です!

■結婚までの交際歴は昔の3倍以上延びている!

また、1974年以前に結婚した男性の交際期間は「同棲あり」で1年、「同棲なし」で1.32年です。これに対し、2005年以降では「同棲あり」で3.31年、「同棲なし」で4.60年と3倍以上も結婚までの期間が長期化しています。

悲しいことに(?)これには女性も同じ傾向があり、1974年以前は「同棲あり」で1.31年、「同棲なし」で1.20年だったのが、2005年では「同棲あり」で3.82年、「同棲なし」で5.51年と、昔と比べて交際期間が3〜4倍位以上も長くなっているのです。

「彼がなかなか結婚してくれない……」とヤキモキしているアラサー女子、ゆとり女子の声にも頷けます。

■20代のうちに結婚したいなら同棲したほうがいい?

結婚式で着物を着るカップル

結婚は人生の一大決心。時代が変わったとはいえ、やはり双方の家族を巻き込むビッグイベントであることは間違いありません。さらに、一定の期間お付き合いしないと見えてこない、相手の悪い癖や価値観の不一致がある場合も……。

だからこそ結婚相手は慎重に選びたいものが、20代で結婚したいなら、あまりのんきにしている時間はありません!平均交際期間からいうと、今から付き合って3〜5年後にゴールイン。なかにはスピード婚をする人もいますが、必ずしも自分がそうだとは限りません。

「もう25歳過ぎているのに結婚相手になりそうな人と出会っていない……」という人は、職場や旧友などの周りの男性をよく見返してみましょう。まずは出会いに目を向けることが大切。いい出会いを知らず知らずのうちに見過ごしているかもしれませんよ!

また、同棲するほうが、同棲しなかったカップルと比べて約2年早くゴールインしています。「今度付き合う相手と結婚したい!」という人は、結婚前提をにおわせて彼に同棲をほのめかしてみてはいかがでしょうか?結婚相手としての実感をもたせることが、ゴールインへの近道かもしれませんね。