暑い夏でも大丈夫!子どももママもハッピー「室内遊び」8つ

写真拡大

夏になると暑い日が続き、子どもの体調が心配になることってありますよね。また、台風やゲリラ豪雨など、雨の日があったりと、外に出られない日は意外と多いもの。しかし、子どもの体力は有り余る状態ですので、じっとしているわけにもいきません。

そんな時におすすめの室内遊びについて、ご紹介していきましょう。

■自宅にあるペットボトルやスリッパで体を使うゲーム3選

家でかけっこなんてできないし、かくれんぼにも限界が……という方には、家にある物を使ったゲームがおすすめです。赤ちゃん〜1歳、2歳くらいの小さなお子様でも取り組めるものがありますよ。

(1)スリッパを飛ばして箱に入れるゲーム

足に履いたスリッパを飛ばして、カゴや箱に入れるゲームです。決められた場所からスリッパを飛ばし、箱に入れたら得点をゲット。単純ですが箱の大きさや場所、数を増やすことで意外とバリエーション豊富なコースができあがります。

ただ、「ゲームの時だけだよ」と言っておくほうがいいかもしれませんね。

(2)ペットボトルで簡単ボーリング

空のペットボトルを複数用意して、少し水を入れて立てます。ボーリングのピンに見立ててボールを転がし、倒れた数を競います。

赤ちゃんでも簡単にできて楽しめますよ!

(3)ペットボトルで輪投げ

ペットボトルは先程と同じく水を入れて立てておきます。輪投げの輪は、新聞紙を紐状にし、ガムテープで固定して作るとちょうど良いのでおすすめ。ペットボトルを置き、あとは新聞紙で作った輪で輪投げを楽しむだけです!

ペットボトルにイラストを書いたり、装飾して用意する時間を作るのも良いですね。

■いつもの家がジャングルに!?  マスキングテープで楽しむ室内遊び2つ

100均でも手に入れることができるマスキングテープ。室内あそびにも役立つんです!

(1)床にけんけんぱや迷路をマスキングテープで作ってみましょう

マスキングテープは部屋の床もそこまで傷つけることはありませんので、部屋を広くとり、けんけんぱや迷路などの通路をマスキングテープを貼り付けて作ってみましょう。

普段の部屋があっという間に違う空間になります。ミニカーなどが好きなお子様には車の道路を作ってあげるとよいですね。

(2)廊下や部屋の“空間”にマスキングテープを張り巡らせて

まるでスパイダーマンの蜘蛛の巣のように、廊下の壁と壁をマスキングテープで自由に張り巡らせてみましょう。「触ったらダメよ!」といいながら、マスキングテープを避けて進みます。たったこれだけですが、お子様なら楽しんでチャレンジしてくれるのではないでしょうか。

何箇所か違う色のマスキングテープにしてルールを変えたり、クリアしたらさらに難易度を高くしたり……と、長く楽しめるかも。

■特別な準備をしなくてもできる遊び3選

家にペットボトルやマスキングテープなどが無いという場合でも、ちょっとした遊びで楽しむことができます。

(1)目を閉じて片足立ちするバランスゲーム

片足だけで立ち、目を閉じてバランスをとります。誰が最後まで立っていられるか……競争してみましょう。

(2)まねっこ遊び

動物や好きなキャラクターなど、子どもの前で真似をして、当ててもらうゲーム。子どもにも是非何か真似をしてもらいましょう!

(3)折り紙

綺麗な折り紙でなくても大丈夫です。チラシなどを切って用意するだけでもOK。Youtubeなどで様々なキャラクターの折り方を見ることができますので、子どもと一緒にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

以上、子どもと遊べる室内あそびについてご紹介しましたが、いかがでしょうか?

どれも簡単ですぐにできるものばかりです。持っているおもちゃに飽きてしまったお子様にも、簡単に新しい遊びを教えてあげられるので、退屈しなくてすみそうですよね。

遊びながら、動物のことを知ったり、ボールの投げ方を教えたり……と、子どもの成長に良い機会にできることももちろんあります。ぜひご参考にしてみてくださいね。