29日、新浪網によると、中国外交部と駐ブラジル中国大使館はこのほど、リオ五輪に出場する中国代表選手、関係者、観戦のため渡航する市民に対し「中国人を狙った強盗事件が起きた」として注意を呼びかけた。写真はリオデジャネイロ。

写真拡大

2016年7月29日、新浪網によると、中国外交部と駐ブラジル中国大使館はこのほど、リオ五輪に出場する中国代表選手、関係者、観戦のため渡航する市民に対し「中国人を狙った強盗事件が起きた」として注意を呼びかけた。

ブラジルではこれまで、リオ五輪のため渡航した陸上代表選手が空港で荷物を奪われる被害があったばかり。中国外交部ではブラジル渡航を予定している中国人に対し、治安に注意するよう呼びかけている。

具体的には▽スラム街に近づかない▽一人歩きは避ける▽背中に荷物を背負わない▽宝飾品を身に着けない▽歩きながら携帯電話を使わない――など注意事項を発表。「知らない人や群衆に近づかれた場合、近くの商店や公共施設に逃げこむこと」を勧めている。(翻訳・編集/大宮)