敷居の低い博物館に 東京国立博物館でファミリー向けイベント

写真拡大 (全2枚)

 「博物館」は、ウチの子には敷居が高いと感じている人もいるのでは? 子どもが騒いで周りに迷惑をかけるのを恐れて、興味がありながら訪れるきっかけをつかめない人もいるかもしれない。でも、元気いっぱいの子どもでも気兼ねせず参加できるファミリー向けイベント「トーハクキッズデー」が、8月15日(月)に東京国立博物館(東京・上野公園)で開催される。

 古代から縄文人や弥生人がやってくるお芝居仕立てのガイドツアー、子どもを対象とした研究員によるギャラリートークなど、展示を分かりやすく読み解く企画も盛りだくさん。勾玉つくりやぬり絵などのワークショップも楽しい思い出になりそう。自由研究に役立つワークシートも用意されている。

 キッズマットでのびのび遊べるキッズコーナー、ミルクや離乳食のためのポット、電子レンジ、授乳コーナーも用意されているので、赤ちゃんや幼児連れでも安心。事前予約制の託児サービス(12:30〜15:30、料金:0〜1歳児=2,000円、2歳児以上=1,000円、余裕があれば当日申込もOK)もあるので、下の子を預けて、上の子と落ち着いて参加することも可能。博物館を子どもと一緒に訪れることを遠慮してしまっているファミリーも博物館の楽しさを知ることができ、豊かな日本の伝統文化に触れられるだけでなく、親子で博物館でのマナーも学べてしまう絶好の機会。ぜひ訪れてみよう。

トーハクキッズデーURL