開いて押すだけの折りたたみ椅子PATATTO(パタット)のミニサイズ『PATATTO mini』。この軽さ、この大きさで実使用に耐えうるのか。また、最大の売りである可搬性はどうなのか。実際の使用レビューをお届けしよう。

■軽量コンパクトな折りたたみ椅子PATATTOシリーズに最小サイズのminiが追加!

 

株式会社イケックス工業(愛知県春日井市)の展開するSOLCIONブランドの折りたたみ椅子PATATTOシリーズには、元々インドアでの利用シーンを想定した『PATATTO300』(600g・税込2,700円)、屋外使用も想定した『PATATTO』(475g・税込1,944円)があったが、更に小さく軽い(同)『PATATTO mini』(230g・税込1,490円・発売中)が追加された。

 

 

材質はポリプロピレン・スチール、カラー・バリエーションはレッド、グリーン、オレンジ、ネイビー、ブラウン、ブラックの全6色。組み立てサイズはW310xD170xH190mmで座面高さが150mm。折りたたむと W371xD10xH217mmというコンパクトさ。重量もわずか 230g。それでいて耐荷重 100kgというのだから恐れ入る。

 

持ち運びがし易いように折り畳んで逆さにすると取っ手となる穴があり、むき出しで持ち運ぶのにも便利だし、ちょっとしたフックなどに引っ掛けておくこともできる。

 

■ 組み立てと折り畳みには、若干の力とコツが必要

『PATATTO mini』の構造は、他の折り畳みイスとは全く異なっている。最もイメージし易いのは、紙袋だろうか。折り畳んである紙袋を広げて、紙袋をひっくり返して、紙袋の底面に座るイメージだ。もちろん、構造に工夫があるため広げた時に座っても潰れる心配はない。

 

折り畳んである状態から手に取って、広げて組み立てようとしたが、非力な記者には手に取った状態では若干難しく、机上や床上に置きながら組み立てた方がうまくいった。

折り畳みは、椅子をひっくり返して中から座面を押すと固定された部分が開放され、簡単に折り畳め、最後に金属製のボタンで固定することが可能だ。

 

 

組み立て固定されている状態で、簡単に折り畳めてしまっては、座っている時に危ないので、この位の固定強度は必要にも感じるが、残念ながら記者の3歳の娘には、力不足で組み立て折り畳みはできなかった。

ただ、組み立て時には素材であるポリプロピレンがうまい具合に曲がることで固定され、折り畳み時には曲がった状態の固定が開放される形になるので、ともにパコっと結構気持ちの良い大きな音を聞くことができる。

 

ポリプロピレンと言ってもイメージが涌かないが、数ミリ厚の割れにくそうなプラスチックを想像すると分かり易いだろう。耐久性については、折り畳みの構造によるポリプロピレンを折り曲げている部分が切れたりしてこないか、紫外線の降り注ぐ長時間の屋外での使用は大丈夫かなど、数年の単位で使ってみないと分からない心配もあるが、通常使っている上での素材という意味での耐久性は、問題なさそうだ。

 

 

■実際に座ってみると、意外にも座り心地は良い

組み立てると座面がうまくお尻の形に合うような形でカーブしているため、座面自体はもちろん小さくて固いのだが、思いのほか座り心地は悪くない。見た目からすると椅子が小さいため、特別大きいお尻の人には座面から大きくお尻がはみ出る形になるので、座り心地が悪い可能性はあるが、一般的な体系の人であれば問題ないであろう。

 

実際記者も30cmほど足のあるアイロン台を使って、『PATATTO mini』に座って1時間弱アイロンがけをしてみて、特別お尻が痛くなることはなかった。

 

玄関などで靴を履く時のちょっとした椅子にも便利に使えそうで、普段邪魔にならずにしまっておけて、使う時にさっと出して使うには調度良い。

 

■3歳の娘には、ちょうど良いサイズ

記者の3歳の娘は、ソファーテーブルを使って塗り絵をしたりパズルをしたりするのだが、ちょうど良いサイズの椅子がなく立ったまま遊んだりしていたのだが、この『PATATTO mini』は、ソファーテーブル用の椅子にもちょうど良く、室内でも大活躍。

 

その後常時ソファーテーブルの脇に置かれるようになってしまったのだが、ある時家に帰ると飽きてしまったのかどこかに片付けたのかと思いきや、リビングにある本棚の中に折り畳むことなく鎮座していた。ある意味、それほど軽くてコンパクトなのだ。

 

また、お風呂にも子供用の椅子がなく、買うには将来的に邪魔になるという思いもあって買ってなかったのだが、娘にはお風呂用の椅子としてもナイスサイズで、大人用の椅子を取り合うこともなくなった。

 

ただ、金属製のボタンがいくつか使われており、このボタンで折り畳み時に固定する構造になっているので、お風呂での使用や屋外での雨天時の使用など、時間経過とともにこの金属製のボタンが錆びる可能性はある。

 

■持ち運びは、◎

とにかく軽くてコンパクトなので、リュックにはもちろん、テニスのラケットバッグにも記者が普段使う少し大きめのビジネスバッグにも入った。

ちょっとした紙袋やトートバッグに入れて持ち運ぶのも良いだろう。

 

記者はなんちゃって山登りも時々するのだが、少しでも荷物を軽くしたいと常々思っているので、まさか椅子を持って行こうなんて思いもよらなかったのだが、『PATATTO mini』であれば、持って行こうかという気になる。

 

何よりデザイン性に特長がありカラーリングも豊富で、登山の途中の一休みや山頂での昼食時にリュックからさっと取り出して、パコっと組み立てて座ったら注目度も抜群だ。

 

実はビジネスバッグに実際入れて持ち歩いてホームでの電車待ちの時にでも使ってみようかと目論んだのだが、恥ずかしさが勝ってしまい使うことができなかった。でも、新幹線の指定席が取れず自由席で立つ羽目になった時や、コンサートなどのイベントでの待ち行列、人気のグルメレストランなどに並ぶ時にも使えそうだ。

 

■まとめ:アウトドアを気軽に楽しむ人や行列によく並ぶ人におすすめ、小さなお子様の室内用にも!

軽量折り畳みタイプの小型サイズ椅子は、世の中いろいろあるが、一般的な鉄パイプタイプのものはやや重いし、アルミパイプタイプも鉄パイプタイプよりは、軽いものの『PATATTO mini』より重く、アルミ製はやはり価格が高い。ネット検索してみるとなんと紙製のものもヒットするが、耐久性も心配だし強度確保のため大きくなってしまい、やはり『PATATTO mini』が最良の選択肢と感じた。

 

 

ただ、あえて欠点をあげるとすれば、ずっと椅子開いた状態にしていた後に折り畳むと若干たわみが残って、ボタンで留めても隙間があいてしまいピッタリとは折り畳めなくなった点がある。しかし、それでも1cmないであろう隙間だし、十分使い勝手の良い商品だ。

購入は公式サイトショップやAmazon、楽天市場などのネットショップで可能だ。