(写真左から)田中美奈子さん、ふてニャン、哀川翔さん

写真拡大

携帯電話のY!mobile(ワイモバイル)は2016年7月27日、新スマートフォン「Android One 507SH」の発売記念イベントを東京都内で開催した。タレントの田中美奈子さん(48)と俳優の哀川翔さん(55)、そしてワイモバイルのマスコットキャラクターのネコ「ふてニャン」がゲストに招かれた。

現在放送中のテレビCM「スカート3分の1」編に出演している田中さん。CMと同じボディコン姿で現れ、会場の視線を一身に集めた。一方の哀川さんは、高校生以来という「長ラン」姿に扮した。「こんなの着ていたんだね、オレ...」とつぶやくと、田中さんは「似合ってる、似合ってる。全然違和感ない。ナウい!」「マブい」と1980年代風のフォローを入れた。

1980年代に大ブームを起こした「なめ猫」も登場。そのわけは...

大手3キャリアより割安な料金で契約者数を増やしているワイモバイル。その象徴というべき料金プランが「ワンキュッパ割」だ。新規加入でスマホプランSを選択した場合、最初の1年間の基本使用料が1980円に割り引かれる。ゲストがボディコン姿と長ラン姿なのは、「1980(年代)」に引っかけているから。

アラフィフ(哀川さんはアラカン?)世代でも元気いっぱいな2人とは対照的に、ふてぶてしい態度を隠さない「ふてニャン」。なぜかUFOに乗っている。実はこれ、2016年7月29日にスタートする「Android Oneデビューキャンペーン」を宣伝するためだ。同日発売の「Android One 507SH」を購入すると、VR(Virtual Reality、仮想現実)を体験できる「ふてニャンVRゴーグル」が先着1万人にプレゼントされる。

ステージ上で田中さんと哀川さんは、「ふてニャンVRゴーグル」を装着し、「ふてニャン」が登場するオリジナルのVRコンテンツを実際に体験した。宇宙服姿のふてニャンと2分間の宇宙旅行に出かける内容で、顔の向きを変えることで360度異なる映像が見られる。

2人は「すごいね」「面白いね〜」「楽しい」「家族でお店に行きます」としきりに感心していていた。イベント会場のタッチ&トライコーナーで記者も実際に体験したところ、足元がふわっと浮かぶような不思議な錯覚に襲われた。ワイモバイルのオフィシャルショップや取扱店でも体験できるという。

トークセッションの後半では、1980年台に大ブームを起こした"なめ猫"が哀川さんの応援団として登場した。実は新CM「ふてニャン缶もらえる」編で哀川さんは"なめ猫"役を演じている。その動画は2016年7月27日からYouTubeで公開中だ。