身の回りの「殺菌剤」がマイクロバイオームを乱している:研究結果

写真拡大

薬用ハンドソープや歯磨き粉といった身の回りの製品に含まれる殺菌剤は、健康に密接にかかわっているとして近年注目される身体の微生物群「マイクロバイオーム」に悪影響を与えているという。薬品にまみれた状態が当たり前になった現代の社会において、その危険性は広く認知されていない。

「身の回りの「殺菌剤」がマイクロバイオームを乱している:研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

米国のバスルームや清掃道具の戸棚を探せば、殺菌剤入りの製品がすぐに見つかる。最も一般的な殺菌剤のひとつであるトリクロサンは、薬用ハンドソープの約75パーセントに入っている。

米国疾病予防管理センター(CDC)が米国人2,517名を対象に尿検査を実施したところ、75パーセントからトリクロサンの痕跡が検出されたという。これほど至るところに存在するにもかかわらず、こうした殺菌剤の大部分には規制がなく、科学者たちはそれらが健康に与える影響を把握していない。

マイクロバイオームの危機

『Science』誌オンライン版に7月22日付けで発表された意見論文では、シカゴ大学で微生物を研究するアリソン・イーとジャック・ギルバートが、この状況を変える必要性を訴えている。

2人は、こうした殺菌剤との接触がどれほどたやすいものであるかについて述べている。トリクロサンは薬用ハンドソープに限らず、一部のウェットティッシュや歯磨き粉、化粧品、洗剤、まな板、おもちゃ、プラスティック製品などにも含まれているのだ。

トリクロサンは、経口と皮膚を経由して体内に取り込まれる。人体の中に存在しているほか、母親から胎児に移ることもある。複数の研究によると、赤ん坊は誕生直後から殺菌剤に晒されることがわかっている。これは、殺菌剤に大きく依存している病院出産を行った場合に特に顕著だ。

論文では、体内のマイクロバイオーム──われわれの体内や体表に存在する、健康に大きな影響を与える微生物の集まり──が形成される初期段階で殺菌剤に晒されることにより、わずかではあるが長期的に健康に影響を与える可能性があると記されている。殺菌剤が人間のマイクロバイオームを混乱させることで、神経疾患から関節炎、アレルギー、肥満、過敏性腸症候群まで、広範にわたる症状が起こる可能性があるからだ。

実験生物として利用されるゼブラフィッシュなどの小さな魚を使った複数の研究により、トリクロサンによって実際に腸内のマイクロバイオームが大きく変化することがわかっている。魚の場合、トリクロサンを取り除くと腸のマイクロバイオームの状態は元に戻る。しかし人工的につくられたマイクロバイオームを用いた研究では、トリクロサンに晒されることによって細菌のコミュニティは恒久的に変化したという。

RELATED

薬品漬けの社会

スタンフォード大学とコーネル大学の研究者は2016年5月、人間におけるトリクロサンの影響についての調査結果を発表した。

13人のボランティアを2つのグループに分け、ひとつのグループはトリクロサンを含む製品を4カ月、その後含まない製品をさらに4カ月使ってもらった。もうひとつのグループは反対に、トリクロサンを含まない製品を4カ月、その後含むものを4カ月使ってもらった。

8カ月後、2つのグループの口腔内と腸内のマイクロバイオームには統計的な違いはなかったという。また、トリクロサンを意図的に使っていないグループの尿からもトリクロサンは検出されている。「(現代の社会では)人は生まれる前から日常的にトリクロサンへ晒されているため、人間のマイクロバイオームはすでにこうした環境に適応しているのかもしれない」と研究者らは指摘している。

米食品医薬品局(FDA)では現在、ハンドソープに含まれるトリクロサンの安全性と利点が再検討されている。EUと米国ミネソタ州では、市販品に含まれる殺菌剤を部分的に禁止する議案が可決されている。

なお、普通に手を洗う状況では、薬用ハンドソープのバクテリアを落とす効果は「普通の石けんと水」と変わらないことが研究からわかっている。

INFORMATION

『WIRED』VOL.22「BODY & HEALTH 病気にならないカラダ」

先端科学とテクノロジーは、ぼくらのカラダをいかに変えていくのか? 微生物・量子・遺伝子から見えてくる身体の新常識、21世紀のヘルスを拓く施設、そしてウェアラブルや遺伝子編集などのテクノロジーがもたらす「未来のヘルスケア」を読み解く。第2特集「イスラエル ゼロワン国家の夢」のほか、人間と囲碁AIの頂上決戦を目撃した4人の証言、映画『レヴェナント』の音楽を務めた坂本龍一&主演レオナルド・ディカプリオの独占インタヴューを掲載。