29日、韓国東南岸の工業都市・蔚山で「異臭がする」との市民からの通報が相次いだ23日ごろ、大気中の亜硫酸ガスの濃度が爆発的に上昇していたことが判明した。資料写真。

写真拡大

2016年7月29日、韓国・聯合ニュースなどによると、韓国東南岸の工業都市・蔚山で「異臭がする」との市民からの通報が相次いだ23日ごろ、大気中の亜硫酸ガスの濃度が爆発的に上昇していたことが判明した。

蔚山市保健環境研究院によると、市内の石油化学工業団地に隣接する也音洞に設置された大気測定機の測定数値で、異臭の通報が集中した時間帯の亜硫酸ガスの濃度が、それ以外の時間帯と比べ最大で26.5倍にまで上昇していた。異臭の原因について調べている民間の合同調査団はこれに先立ち「悪臭は石油化学工団から排出されたとみられる」と推論を出しており、測定数値がこれを裏付ける形になった。

蔚山では今月22〜24日にかけ異臭がするとの通報が44件寄せられたが、いずれも工団付近からの通報だった。蔚山は国内でも古くから開発された韓国有数の工業都市で、石油化学工団には20以上の大手石油化学企業の工場が密集している。

なお蔚山に程近い釜山でも今月21日に原因不明のガス臭騒ぎが起こっており、政府は現地機関の専門家らと共に両都市の異臭の原因究明作業に当たっている。

異臭騒ぎをめぐっては、韓国で「大地震の前兆か?」といった不安の声が高まっていたが、今回の発表を受けても真に受けるネットユーザーは多くないようだ。

「これでみんな生きてるところがすごいよ」
「それって人が住んでる町の話だよね?」
「石油化学工団ができたのはここ1〜2年の話じゃないだろう。いまさら工場を言い訳に使うのか?」
「疑わしい」

「なぜ信用する気になれないんだろう。政府発表なのになぜ信じられないのか…」
「そんな発表をするくらいなら、『市民たちが同時におならをしたのが原因』とでも言ってくれ。そっちを信じた方がまし」
「韓国のほとんどの問題は金か性欲絡みで起こっている」
「朴槿恵(パク・クネ)大統領が夏休みで蔚山を訪問した直後にこのニュース。これぞまさに不信地獄」

「火山の噴火か、ガスを使った北朝鮮のテロじゃなかったの?」
「地震が来ると発狂してた人たちはどこへ?」
「地震の前兆じゃなかったみたいでよかった。でも蔚山が、人が住むのにイマイチな場所であることははっきりした」(翻訳・編集/吉金)