【書評】『珠玉の短編』/山田詠美著/講談社/1500円+税

【評者】鴻巣友季子(翻訳家)

 インスピレーションというものは、こちらが掴むものではなく掴まれるものだ、と言ったのは、どこの国の作家だったろう。「川端康成賞」受賞作「生鮮てるてる坊主」を含む『珠玉の短編』は、人がなにかによって―多くは言葉によって―否応なく掴まれていく姿がさまざまに描かれている。

 作者はそうすることで、小説にはびこる「はらはら」とし「きらきら」とした常套句やクリシェを解体し嘲笑うのである――という、このいかにも評論っぽい決まり文句こそ、ぶん殴られる対象となるだろう。そういう本です。

 表題作の主人公は、「文豪のやらなかった汚れ仕事」を引き受けんとする「夏耳漱子」だ。今時のぬるいお悩み小説を粉砕すべく、「凄惨極まりない殺人場面や露骨な性描写」をこれでもかと畳み掛ける作風を貫いているのに、ある時、新作に「珠玉の短編」というコピーを付けられて激怒。ところが、「珠玉」という語が頭に寄生して作家を乗っとってしまい、「あなたが捨て置いた一輪の花の赤に……」みたいな文章が溢れだす。

 さて、しかし本編の本物のスリルは、これ見よがしの「行間名文」への揶揄に非ず。むしろ、過激でグロテスクな文言と表現を連ねればとりあえず文学的とみなされる、評者うけすると織り込み済みの、世界に散在する確信犯的な小説家たちに対する痛快な一撃である。

「命の洗濯、屋」という編は、まさに「命の洗濯」や「老舗」という言葉に掴まれた一家が繰り広げる体当たりの商いを、そして「箱入り娘」という編は、この言葉にとりこまれ「箱入り娘」を具体化していく女性が描かれている。

「生鮮てるてる坊主」の男女は、性を超越した「男と女の友情」というコンセプトにねちっこく憑かれてしまった。男には妻がいるゆえに一層ふたりの関係は尊いと信じているが、ある日を境にこの香しい友情は芬々たる悪臭を放ちだす……。ラストにかけてうち重なるツイスト。何百ページのスプラッタや残酷描写より恐ろしい。あえて言います。珠玉の短編集。

※週刊ポスト2016年8月5日号