VAIOをV字回復に導いた大田義実社長

写真拡大 (全2枚)

 ソニーの赤字垂れ流し事業として、売却の憂き目にあってから2年──。パソコンメーカーのVAIOが見事に蘇りつつある。2015年5月期に19億円だった営業赤字も、2016年5月期には黒字転換を果たし、さらなる増益も見込む。まさにV字回復といっていいだろう。

 復活の立役者となったのは、昨年6月に新生VAIOの2代目社長に就任した大田義実氏(63)だ。一体どんな人物なのか。雑誌『経済界』編集局長の関慎夫氏がいう。

「大手商社の双日(旧ニチメン)出身で常務までのぼりつめた人。2010年に双日を辞めた後も、業績不振に悩まされていた商社や卸会社の再建に携わってきました。

 ソニーとは縁もゆかりもなく、メーカーでの手腕も未知数でしたが、業績の悪さを診断し、処方箋を書いて素早い治療を施すという過去の経験がVAIOで生きたのだと思います」

“企業再生のプロ”として本領を発揮したというわけだ。では、具体的にどんな改革を成し遂げたのか。関氏が続ける。

「ソニー時代は、とにかくたくさんのパソコン機種を大量に作れば終わりでしたが、親会社から見捨てられて240人という少ない社員数で再スタートを切ったVAIOにとっては、ひとつひとつの商品が売れなければ会社を存続できない。

 そこで大田社長は10万円以上するハイエンド機種だけ5つに絞り込み、設計・製造から販売・サポートまで一貫した体制を敷きました。社員には規模を追うよりユーザーのニーズを直に感じて欲しいと、それまでソニー・マーケティングに委託していた営業部隊を自前で持つ組織に変更。技術者でも手を挙げれば営業できるようにしました」

 さらに、風通しのよい組織にするため、社員たちとのコミュニケーションも欠かさないという。

「就任当時は社内の雰囲気も暗かったそうですが、週2回は積極的に社員と昼食を共にし、月に2回は課長たちと酒を酌み交わして新しいアイデアなどを汲み取っているといいます」(関氏)

 小さなメーカーなりの効率経営、そして社員のこだわりやモチベーションを大事にする企業風土が、徐々に業績回復へと繋がっていったのである。

 今年に入り、東芝、富士通と3社でパソコン事業を統合する案も持ち上がったが、VAIOは自力で生き残る道を選んだ。

「ソニー時代の在庫処理も終わり、ようやく立ち直ってきたのに、業績不振の東芝や富士通と一緒になれば、リストラも含めて再び後ろ向きの作業をしなければならない。それは精神的にも耐えられなかっただろうから、むしろ統合が破談になってホッとしている」(VAIO関係者)

 そしていま、国内のノートパソコン市場がスマホやタブレット端末、中国など海外メーカーの安価なパソコンの勢いに押されて伸び悩む中、VAIOの評価や注目度はむしろ高まっている。

「もともとVAIOはビジネスユースを追求した高性能と薄型・軽量を売りに根強いファンも多かったが、ソニーから分離して以降は、セレクトショップのBEAMSとコラボしてオシャレなデザインや斬新なカラーバリエーションを配した“遊び心”のある商品を出すなど、あらゆる可能性に挑戦している。

 8月に発売するエントリー向きの『VAIO C15』も、最新性能はもちろん、イエローとブラック、オレンジとカーキなど、これまでのパソコンでは考えられなかったようなストライプのカラーリングで早くも注目を浴びている。ビジネスマンだけでなく、ノートパソコンに馴染みのない若者の興味を引くことができれば、大ヒットも夢ではない」(家電評論家)

 新たな固定ファンをどれだけ掴むことができるか──。それはVAIOの将来を大きく左右する重要な課題でもある。前出の関氏が指摘する。

「VAIOはいまだにソニーの“遺産”として、往年のブランド力に助けられている面は大きい。今後、新しいブランドを立ち上げることがあるなら、その製品がきちんと認知されて初めて立派な“独立”と言えるのかもしれませんね」

●写真提供/横溝敦(大田社長)