この夏は飲んで食べて温泉に浸かって、遊びまくって熊本を応援しよう!

写真拡大

こんにちは、少女マンガ攻略・解析室室長の和久井香菜子です。
このたびの地震で被災されたみなさまには、心からお見舞いを申し上げます。
さて、ニュースでは心の痛むニュースばかりが取り上げられていますが、下を向いてばかりはいられません。寄付やボランティアだけが支援じゃありません。積極的に動いて、現地にジャンジャンお金を落としに行きませんか?

3.11のとき、全国的な自粛ムードのために、娯楽系の記事が軒並み中止となりフリーランスの和久井は収入に大打撃を受けました。被災地を支援したいのに、被災者でもないのに、自分の生活でいっぱいいっぱいになってしまったのです。被災地の方々を悼む気持ちと過度な自粛はイコールではありません。こういう時こそ、動ける人はどんどん働いて、お金を使うべきなのだと思います。

■というわけで熊本へ行ってきた

実際に和久井は6月30日〜7月6日まで、熊本に行ってきました。
行く前までは、熊本県全体が崩れてしまい、廃墟のようになっているのを想像していました。
実際には被害の大きさには場所によって差があり、天草や黒川温泉など、ぱっと見は被害がわからない地域も多いようです。

それなのに震災以来、熊本をはじめ、九州への旅行が70万泊もキャンセルになったとか。
やはり外国人観光客が激減しているようです。阿蘇でも「普段は外国人観光客がたくさんいるのに、今はほとんど見かけない」と言っていました。

今回、熊本市内、黒川温泉、阿蘇に行きましたが(天草にも行く予定でしたが日程が足りず断念)、現地の方々はとても親切で、温泉も自然も地のモノのお買い物も、たっぷり楽しめました。

倒壊した阿蘇神社の楼門などはショックでしたが、おさい銭してわずかながら復興の支援をしているので、再建時には至上の喜びを感じると思います。

■九州は意外とお得に行ける!

いまなら最大70%の補助が出る「九州ふっこう割」をはじめ、旅行会社が主催する割引クーポンなども発売されているようです。旅行会社のサイトに行くと、割引情報が得られます。ひとり旅にも使えるので、いつもよりもリッチな宿に泊まることもできちゃいますよ。たとえば、航空券+宿で4万5000円のツアーが2万円オフで2万5000円になります。

ただし、クーポンは大変な人気で、売り切れ続出の模様。だけどふっこう割を利用しなくても、ジェットスターのセールを利用すれば、成田―熊本が1990円です。和久井はこれでチケットを購入し、東京から成田まで900円のバスを利用したので、熊本まで片道5000円強でした。これ、ヘタに関東近県に行くよりも安いですよ?
通常料金でも1万円を切ることがしばしば。LCCのチケットは早めに取るのが安価に買うコツですよ〜!

帰りは、現地でしこたまおみやげを買い込み、段ボールに詰めて郵送しちゃいました。自分の荷物も一緒に入れてしまったので、帰りはかなり悠々でしたよ。

■まとめ

地震も、1週間滞在している間に震度2が一度あっただけ。そもそも地震大国ニッポン、どこへ行っても地震に遭う可能性はあるでしょう。
夏休みの予定がまだ決まっていない方、安くて、予約が取りやすく、きれいでおいしくて温泉もたっぷりある熊本へ遊びに行きましょう!
「復興わりクーポン」は早い者勝ちなので、旅行の予定がある人は今すぐチェックですよ!
「支援」というと堅苦しいですが、自分が楽しむことが支援になるのなら、こんなにおいしいことはありませんよね。旅行中、ガブガブお酒を飲んでも、一目ぼれしたおみやげを買い込んでも、みんな「支援のためだから!」で解決です。
この夏は「いい人オーラ」を出しながら、復興支援にいそしみましょう!

(和久井香菜子)