今年2016年の土用の丑の日は本日7月30日! この時期になると「うなぎが食べたい!」という気分がどんどん高まってくるもの。丑の日くらいは贅沢に食して暑さを吹き飛ばしたい!

アンジャッシュ渡部氏をはじめ芸能人にもファンが多い、大人気うなぎ店の豪華豪快うな重をドドンと紹介しよう。



幻のうなぎをふんだんに使用した「きょうすいうな太郎」
幻のうなぎ「共水うなぎ」がぎっしり!豪華豪快うな重「きょうすいうな太郎」

その幻のうなぎをいただくことができるうな重が、東京台東区に構える『入谷鬼子母神門前のだや』の「きょうすいうな太郎」だ。

お重のふたを開けると同時にそのインパクトに思わず声をあげてしまいそうになる同メニューの内容は、お重の真ん中にど〜んと構えるふっくら黄金色の蒲焼き!

脇にう巻きが添えられ、その周りにはうな肝焼きがびっしりと囲った、よだれがあふれ出してくるようなビジュアルである。

まず「共水うなぎの蒲焼き」を頬張ってみると、口の中に入れた瞬間にふわふわの身がとろけ、後に残るのはうなぎの力強い旨味!

タレ自体があっさりしているので、うなぎ本来の旨味をより存分に感じることができる作りとなっている。



黄金色に輝く蒲焼きの周りにはう巻きと肝焼きが囲み、これに肝吸いと香の物付く、贅沢な内容となっている

またお米にもこだわっており、みずみずしさ、食感、蒲焼きとの相性を考慮した上の山形県産「つや姫」を使用。程よい苦味と食感が癖になるうな肝焼きとふんわりなう巻きも相まって、鰻、タレ、白米による、華麗なる三重奏が存分に感じられる贅沢うな重だ。

そんな「共水うなぎ」がなぜ「幻のうなぎ」と呼ばれるのかと言うと、静岡県大井川の南アルプス伏流水と厳選された飼料によって育てられて、通常半年で出荷されるところを2年かけるという手間のかかりよう。

それだけに生産量が少なく、全国でも一流の40店舗程のうなぎ店にしか卸していないので、一般の鰻店に出回らないのがこの「幻」たる所以だ。



うなぎ、タレ、白米による華麗なるハーモニーはまさに匠の店だから成し得る味わいだ!

うな肝の数が揃わないとメニューにのせられないということから、まさに「幻のうなぎによる幻のメニュー」。

そんな幻のメニューも土日だと出合える確率が高いということをこっそりお教えしておこう。


のだやのもうひとつの名物!一度で三度おいしい「ひつまぶし」も!!



脂ののった三河一色産うなぎをローズソルトで焼き上げた「ひつまぶし(しお)」
一度で三度おいしい!匠のうなぎを使った匠の技の真骨頂!「ひつまぶし(しお)」

こちらの店でもうひとつ、二枚看板ともいえるほど人気なメニューが「ひつまぶし」だ。たれとしおの2種類が用意されているのだが、ここはあまり見かけない「ひつまぶし(しお)」を紹介しよう。

こちらには、うな重で使用する幻のうなぎ「共水うなぎ」とは異なり、ひつまぶし向けに、より脂がのった匠のうなぎと呼ばれる「三河一色産うなぎ」を使用する。せっかく足を運ぶなら味比べもいいだろう。



生のうなぎを強火で一気に焼き上げる地焼きにより、ぱりふわな仕上がりのうなぎに!

まず1杯目はそのままでいただいてみると、うなぎを蒸さずに強火で一気に焼き上げる地焼きを採用しているだけあり、外側はパリッと香ばしく、内側はふわっとした仕上がりとなっている。

また岩塩焼きにすることでうなぎのコクが強く感じられ、ところどころにある岩塩のカリッとした心地よい食感も楽しむことができるのだ。



1杯目はそのまま、2杯目は薬味をのせ、3杯目はお茶をかけ、様々な味わいが楽しめるのがひつまぶしの魅力だ!

続いて2杯目に薬味をのせていただくことでわさびによりうなぎの旨味がより一層引き立った一杯となり、さらに3杯目はお茶漬け風にいただくことでうなぎの脂がお茶に溶け出し、さっぱりとした一杯に早変わり。

まさに三者三様の味わいを楽しむことができるメニューだ。もちろん最後の4杯目は一番お気に入りの食べ方で満足いくよう平らげよう!


うな重、ひつまぶしだけじゃない!ついつい箸が止まらなくなるうなぎ料理



うなぎを酢〆した珍しいメニュー「うなぎの酢〆うら梅造り」
サイドメニューも充実!匠の技が光るうなぎを使った「うなぎの酢〆うら梅造り」、「うなぎとクリームチーズの酒盗和え」、「うなアイス」

注文してからうな重ができあがるまでにはそれなりの時間を要するのだが、その時間も案ずることなかれ。同店はサイドメニューもしっかりと充実しており、趣向を凝らしたうなぎを使ったメニューが並ぶ。

中でも「うなぎの酢〆うら梅造り」は、うなぎを酢〆した珍しいメニュー。酢〆によるうなぎのギュッ!ギュッ!とした食感は程よい塩梅の酸味と相まって、ついつい箸が止まらなくなる味わいだ。



文字通りお酒が欲しくなる「うなぎとクリームチーズの酒盗和え」。現在、うなぎハムの提供となっております

また、「うなぎとクリームチーズの酒盗和え」は、うなぎの湯引きにまぐろの酒盗とクリームチーズをあわせたメニューとなっている。

チーズのコクと酒盗の味わいが淡白なうなぎに絡みつき、文字通りお酒が欲しくなる一品である。



〆のスイーツにまでうなぎを使用した「うなアイスと季節のフルーツ」

さらに、びっくりなことにデザートの「うなアイス」にまでもうなぎが使われているのだ! ソースにはうなぎのたれを煮詰めて甘くしたものを使用。

アイスの脇にはうなぎの骨をパウダー状にしたものが添えられており、〆のスイーツにまでもしっかりとうなぎが感じられる内容となっている。


贅沢うな重のさらなる秘密とは?



明治元年創業の鰻職人専門調理士会直営店「入谷鬼子母神門前のだや」
最高のうなぎと最高のうなぎ職人による匠の店!『入谷鬼子母神門前のだや』

そんな同店は、明治元年創業の鰻職人専門調理士会直営店で、うなぎは注文を受けてから、「捌いて、蒸して、焼き」始めると言うこだわりよう。

それだけにうな重を注文してから1時間近く待つことになるのだが、ここでしか味わうことのできない贅沢なうな重がやってくることを考えれば逆に楽しいひとときになることだろう。



大きなうちわを仰ぎながら焼き上げるうなぎは店の外までその香りが届き、通りゆく人々の胃袋をがっちりと刺激してくれる

最高のうなぎ職人の匠の技による幻のうなぎが楽しめる店『入谷鬼子母神門前のだや』。

土用の丑の日くらいは贅沢に豪華豪快うな重をいただいてみてはいかがだろう。



出会えればラッキー!きょうすいうな太郎



きょうすいうな太郎に使用する肝は、15〜16匹分!程よい苦味がクセになる味わいだ