28日、終末高高度防衛ミサイルの配備予定地となった韓国慶尚北道星州郡の抗議団体は、米民主党の大統領候補に指名されたヒラリー・クリントン氏に「遺憾の意」を伝える書簡を送ったことを明らかにした。写真は朝鮮半島地図。

写真拡大

2016年7月29日、環球網によると、終末高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備予定地となった韓国慶尚北道星州郡の抗議団体は28日、米民主党の大統領候補に指名されたヒラリー・クリントン氏に「遺憾の意」を伝える書簡を送ったことを明らかにした。

「THAADは朝鮮半島を冷戦状態に陥れる」と主張する同団体は、書簡の中で在韓米軍のTHAAD配備に対するクリントン氏の立場を問い、「米韓の配備決定は遺憾だ」と表明、「星州住民5万人の生存に関わる問題」とも指摘した。

現地では来月15日の光復節(日本からの解放記念日)に合わせて反対派の住民815人が髪を剃り落すという抗議活動が予定されている。(翻訳・編集/野谷)