28日、中国の技術移転を受けて、インドネシアが東南アジアの高速鉄道建設のサービスプロバイダーになっていくポジションに立ったという。資料写真。

写真拡大

2016年7月28日、参考消息網によると、中国の技術移転を受けて、インドネシアが東南アジアの高速鉄道建設のサービスプロバイダーになっていくポジションに立った。

インドネシア国営鉄道企業関係者は先日、中国企業とインドネシア企業のコンソーシアムが受注したジャカルタ・バンドン間高速鉄道プロジェクトについてコメントし、単なる高速鉄道建設だけではなく、インドネシアへの技術移転とインドネシア国外での高速鉄道建設もプロジェクト内容に含まれていると発言した。

単に中国の技術で高速鉄道を建設するのではなく、中国の技術移転を受けて、インドネシアが東南アジアの高速鉄道建設のサービスプロバイダーになっていくポジションに立ったと強調している。(翻訳・編集/増田聡太郎)