3位はAKB48「ファンだと他人に言うのが恥ずかしい芸能人」TOP5

写真拡大

みなさんは、大好きな芸能人を人に堂々と言えますか?

つい自分の好感度を気にして、「趣味いいね」と言われそうな人の名をあげてしまいがちです。中には、自分の心の中だけで応援している芸能人と、他人にファンだと言う芸能人を分けている人もいるのでは?

そこで今回『VenusTap』では、男女500名に「ファンであることを他人に言うのが恥ずかしい芸能人は?」というアンケートを実施。結果をランキングでご紹介します。

■地下アイドルをおさえて江頭2:50が1位!

<ファンであることを他人に言うのが恥ずかしい芸能人ワースト5>

1位:江頭2:50(65人)

2位:地下アイドル全般(60人)

3位:ももいろクローバーZ(41人)

同率3位:AKB48(41人)

5位:K-POP全般(32人)

1位の江頭2:50は、もはや本人も1位に選ばれて本望ではないかと思うほど、“嫌い系ランキング”の常連芸人。

東日本大震災で、帽子とサングラスで変装して自らトラックを運転し、救援物資を届けたことが世間に知られると「なんかいい人みたいで恥ずかしいから」と、CMや報道番組への出演オファーを断ったと言われ、インターネット上では男前で通っている江頭。

しかしここは、嫌われキャラでブレイクしている彼のためにも、素直にファンであることを恥ずかしがっておいてあげたほうが応援になる気すらしてしまいます。

■『BABYMETAL』の活躍で地下アイドルのイメージが激変?

2位は、地下アイドル全般。素人同然の年端のゆかない少女をライブハウスで間近で応援しているとなると、確かに大人の男性は「他人には恥ずかしくて言えない」と思ってしまうものかもしれません。

しかし、あのレディー・ガガからもラブコールを受け、メタル・ゴッドの愛称で知られるロブ・ハルフォードとのコラボパフォーマンスを披露した世界的な人気者BABYMETALも、もともとは地下アイドル。

「好きな地下アイドルがいて……」というセリフも、「うわ……ロリコン?」というイメージから、アングラ劇場に通う演劇ファンのように「もしかしてコアな音楽ファン?」といったイメージに変わるかもしれません。

■おたく向けアイドルに原点回帰? AKB48

同率3位はももいろクローバーZとAKB48。どちらもザ・アイドルで、戦隊ものヒロイン風のミニスカートや制服のようなコスチュームなど、幼さを売りにしている一面があり、大人としては堂々とファンであるとは言い難いタイプですね。

AKB48については、全盛期は蜷川実花をはじめとする様々なアーティストとコラボレーションすることで、オシャレなイメージを狙い女性ファンも増えました。

しかし最近また、本来の“おたく向けロリータアイドル”に戻りつつある傾向も感じます。

もともとが、秋葉原好きの男性をターゲットにしたようなアイドル名なので、むしろそちら側にシフトするのは、迷走から本来の立ち位置に戻った感もあり、長続きするには賢明なのかもしれません。

■かわいいアイドルよりかっこいいダンス?

5位はK-POP全般。国をあげて芸能に力を入れている韓国は、ダンスや歌のクオリティも高く、容姿も“かわいい”より“美しさとスタイルの良さ”基準に選ばれています。

しかし、ヨン様ブームの時代と比べると人気は落ちたイメージ。芸能も“国産”にこだわる人が増えてきたため、肩身が狭いと思う人が多いのかもしれません。

いかがでしたか? “全般”と表記されているものに関しては、ピンからキリまで内包しているのでひとまとめにするのはなかなか難しいですが、やはりアイドルはファンであることを他人に言えない人が多いのが分かります。

その中で江頭2:50が王者に輝いたのは、「ちゃんと嫌われたい」エガちゃんのがんばりが世間に伝わっていると言っていいかもしれませんね。

【画像】

※ CHIBA, JAPAN - JUNE 25: AKB48 perform during the MTV Video Music Aid Japan at Makuhari Messe on June 25, 2011 in Chiba, Japan. (Photo by Koki Nagahama/Getty Images)

※ SEOUL, SOUTH KOREA - MARCH 11: BIGBANG perform on the stage during a concert at the K-Collection In Seoul on March 11, 2012 in Seoul, South Korea. (Photo by Chung Sung-Jun/Getty Images)