28日、企業合併・買収(M&A)で海外に進出する中国企業が後を絶たず、2016年に入ってからの中国企業によるM&A総額は1400億ドルを超えている。資料写真。

写真拡大

2016年7月28日、中国新聞網によると、企業合併・買収(M&A)で海外に進出する中国企業が後を絶たず、2016年に入ってからの中国企業によるM&A総額は1400億ドルを超えている。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは26日、「企業買収ブームの中国が次に狙うのは保険会社だ」とする記事を掲載。最も近い例として、シンガポールの再保険会社・ACRの10億ドル(約1040億円)規模のM&Aを挙げ、買収に乗り出した上位企業はいずれも中国系資本だと伝えた。

2016年に入って、中国企業の海外企業買収ブームが起き、ホテルや映画製作会社の買収が相次いでいる。米Dealogic社の調べでは、2016年1月から現在までに明らかになった中国の合併・買収総額は1462億6000万ドル(約15兆2000億円)で、2015年通年の総額1061億8000万ドル(約11兆400億円)を大きく超えている。

保険会社を対象にした中国企業のM&Aが増えており、とりわけ韓国で買収が激しくなっている。欧米の保険会社が次々に韓国市場から撤退する一方で、中国の太平保険集団や復星国際が韓国業界5位のING生命の買収に動いている。また、4月には安邦保険が独アリアンツの韓国保険事業を約300万ドル(約3億1200万円)で買収することも決まっている。

保険会社の買収が加速している要因の1つは、買収によってさらなる投資が可能となることがある。復星国際は著名投資家ウォーレン・バフェット氏の「保険と投資」という事業戦略を参考とした投資を試みており、すでに米保険会社を含む海外6社を買収している。(翻訳・編集/岡田)