ローソク・線香メーカーのカメヤマは、話題の『サクマドロップス ミニ寸線香』を始めとする「コラボ線香シリーズ」に加え、故人が生前好きだった好物の香りを再現した「好物線香シリーズ」として、新たに夏季限定販売の『すいかの香りのミニ寸線香』を発売した。発売日前に問屋への初回生産分をすべて受注完了。急遽、追加生産するも注文が殺到、あっという間にこの夏の生産分全てを受注完了した代物だ。価格は600円(税抜)。

すいかの香りのミニ寸線香 すいかの香りのミニ寸線香

毎年、暑い季節がやってくると無性に食べたくなる、みずみずしく甘い夏の風物詩、スイカ。美味しいスイカを見極めようと、「コンコン」と指でたたいてみた経験が、誰もが一度はあるはず。今年のお盆は、ご先祖様をスイカのお線香でお迎えするのはいかがだろう。これまでは「旬だから今日はご先祖様にもスイカを」と、故人が毎年楽しみにしていた大好きなスイカをカットして仏壇にお供えしても、しばらく置いておくとハエが寄って来たり、乾燥してしまったりするため、カットされた果物はお供えしにくいのが現状だった。

『すいかの香りのミニ寸線香』は、スイカの甘い香りを見事に再現し、「線香なのに香りがみずみずしい」という不思議な線香だ。また、赤と緑のツートーンカラーで果肉と皮を表現したお線香で見た目にも珍しい。線香の香りは仏様の食べ物とも言われている。今年の夏は気兼ねなく「スイカのお供え」をすることが出来、特別な夏のごちそうでお盆のお迎え準備ができる。

関連情報

http://rosoku.kameyama.co.jp/

文/編集部