健康酒がおしゃれなシャーベットに! 家でもマネして作ってみたい

写真拡大

「健康酒」というと、昔おじいちゃんが飲んでいたようなレトロなイメージ? なんて思いきや、最近ではおいしくオシャレにアレンジするレシピがたくさん生まれている。

【写真を見る】都内各所で「フルーツとハーブのお酒」のシャーベットを無料提供。夏らしいラッピングワゴンが、新しいキレイ飲み体験を運んできてくれる

例えば、安土桃山時代に発祥したという驚きの歴史を持つ「養命酒」。巷の飲み屋ではトニックで割る養命酒カクテルが考案されていたり、お疲れ気味の人の間では炭酸水で割ったものを「エナジードリンク」的に楽しむアイディアも出回っている。その他ヨーグルトと合わせたり、まさかのコーラで割って飲むなど、攻めた活用法がジワジワ人気なのだ。

そんな中、ハーブの美容酒を「かき氷」のシロップ風にアレンジするというワザも登場。都内に出現する期間限定のBAR WAGON(バー・ワゴン)では、「フルーツとハーブのお酒」(養命酒酒造)をソーダで割り、かき氷を乗せたシャーベットを無料で提供している。「フルーツとハーブのお酒」は、ハーブをお酒に漬けこみ成分を抽出した女性好みのアルコールで、美容酒シャーベットはまさに大人の夏スイーツといえそうだ。

BAR WAGONでは、飲んだ感想をSNS(Twitter、Instagram、Facebook)に投稿すれば、5種のフレーバーの中から1杯を選べるというシステム(ハッシュタグは“キレイ飲み”)。選べるフレーバーは「あんずとジュニパーベリー」「ザクロとローズヒップ」「すっきりレモンとローズマリー」「香る白桃と杏仁」「グレープフルーツとジンジャー」の5種(品切れの場合もあり)。

新しい健康酒の楽しみ方で、夏の元気を取り戻して。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】