インテリアとしても使える美しさ!ジャズマイク型スピーカー

写真拡大

このマイク、実はスピーカーです。しかもBluetooth対応のワイヤレスです。

JIMMY STUDIO DESIGNが手掛けるジャズマイク型Bluetoothスピーカー「R50」(3万1320円〜4万2120円)は、見た目のインパクト重視、機能面は中途半端というおもしろグッズでは全くありません。斬新なデザインのみならず、クリアなサウンドクオリティも高い評価を得ており、国内外のアーティストにも多数の愛用者がいるんです。

生音に近いクリアなサウンドクオリティを実現

音質の低下や歪曲現象を防止し、低音から高音までバランス良く同時に出せる独自開発のエンクロージャー(スピーカーボックス)を採用。

20160729_TELOS02

またリアルな音質を表現するため、チューニングに徹底的にこだわり、クリアかつ立体的なスピーカーサウンドを実現しています。重量が1kgあるスタンドに取り付けることで、音質の安定性を保つと同時に、スピーカーの振動による音質への影響を最小限に防ぐための細かな配慮もされています。

20160729_TELOS01

そして本体とスタンドの接続部分には、 ユニバーサルマウント(ISO1222規格)を採用。これにより、標準装備の専用スタンドのみならず、 全世界のカメラスタンド、 フロアスタンドやトライポッドなど、多様なマウントに繋げることが可能となっています。

20160729_TELOS0320160729_TELOS0620160729_TELOS05

思い思いの場所に設置した「R50」にBluetoothでスマホから音をワイヤレスで飛ばす。様々な生活シーンやライフスタイルに合わせた多様な演出や使い方が可能となる優れた拡張性は、「R50」の魅力となっています。

「R50」>> http://r50speaker.jp/

(文/&GP編集部)