【パサート GTE試乗】燃費だけじゃない!VWのPHEVは走りも強力

写真拡大

年々、厳しくなる一方の燃費基準(CO2排出量)に対し、どのように対処するか?

例えば、燃費が悪化しがちな市街地走行に目を付けた日本のトヨタは、ハイブリッドシステムを開発・実用化し、多くのモデルに積極採用しています。

エンジン、モーター、発電機を組み合わせた同社のハイブリッドシステムは、つまり、クルマの走り始め、タイヤのひと転がり目の負荷をいかにモーターで補うか、そして、エンジン回転数の上下をいかに抑えるか、に注力したシステム。“ストップ&ゴー”が多いシチュエーションで、真価を発揮します。

一方、日本と比べて交通の流れが速いとされるヨーロッパの自動車メーカーは、複雑で重量がかさむハイブリッドシステムに対し、懐疑的でした。彼の地では“都市間の移動=高速巡航”ですから「ハイブリッドシステム? 単なるお荷物じゃん」…という判断だったわけです。

トヨタの初代「プリウス」が登場して早20年。いや、もう20年も経つのか! とあらためて驚きますが、それはともかく、状況はすっかり変わりました。

究極のエコカーと目された燃料電池車は、思いのほか実用化が遠かった。開発の余地が大きいディーゼルエンジンは、CO2削減とNOx(窒素酸化物)の抑制、そして、PM(粒子状物質)の除去に難しさを残しています。“クリーンディーゼル”という言葉とは裏腹に、実際のところ“ガソリンエンジン並み”とまではなかなかいかないのです。

そこで、直近の解決策としてクローズアップされたのが、プラグインハイブリッド(PHEV)です。車種によって違いはありますが、考え方としては、一定の距離はEV(電気自動車)として走り、予め充電しておいたバッテリーの容量が心許なくなってきたら、ハイブリッドカーとしてドライブを続ける、そんな仕組みです。

PHEVは、通常のハイブリッドシステムに加え、さらに複雑で重いバッテリー(とその制御システム)を搭載しなければなりません。意地の悪い見方をすると、もともとハイブリッドシステムを軽視していた欧州メーカーにとって、PHEVに頼らざるを得ない現状というのは、少々皮肉な状況…といえるかもしれませんね。

 <関連記事>
【ゴルフ GTE試乗】VWの次期主流パワーユニットは、EVメインでも走りは快活!
【比較試乗】走りが格段に良くなった新プリウス、ゴルフGTEと比べてどうなの?
【試乗】半自動運転機能付きで329万円〜。VW新型パサートは衝撃のハイコスパ!

 ■ガソリンスタンドに立ち寄る回数が激減!

主力車種である「ゴルフ」にPHEVの「GTE」を導入し、話題になったフォルクスワーゲンが、今度はフラッグシップモデルである「パサート」のセダンとヴァリアント(ステーションワゴン)に「GTE」を設定してきました。

フォルクスワーゲン パサート GTE

搭載するシステムは、基本的にゴルフ GTEと同じもの。1.4リッターのTSIターボ(156馬力/25.5kg-m)とギヤボックス(デュアルクラッチを備えた6速DSG)の間に、モーター(116馬力/33.6kg-m)が組み込まれます。

フォルクスワーゲン パサート GTE

電力を供給するバッテリーはリチウムイオンで、リアタイヤ前方の床下に設置。バッテリー容量は9.9kWnで、これもゴルフ GTEと同じ数値です。充電時間は約4時間。

フォルクスワーゲン パサート GTE

パサート GTEは、セダンが1720kg、ワゴンが1770kgと、ゴルフ GTEの1580kgより重いこともあってか、純粋にEVとして走れる距離のカタログ値は、ゴルフの53.1kmから51.7kmへとちょっぴりダウンしました。とはいえ、近所の買い物や、子供の送り迎えに使うくらいなら、全く十分! 日常で、ガソリンスタンドに立ち寄る回数が激減するメリットも、はかりしれません。

走行モードは4種類。蓄えた電気だけで走る「Eモード」、エンジンと協調する「HVモード」、ハイブリッドシステムのモーターを、いわば電気ターボとして1.4リッターエンジンのアウトプットに上乗せする「GTEモード」、そして、バッテリーへのチャージを優先する「バッテリーチャージモード」が用意されます。

フォルクスワーゲン パサート GTE

個人的には、バッテリー残量を気にしないでEV走行を堪能できるEモード(デフォルトです)こそ、GTEモデルの醍醐味だと思いますが、フォルクスワーゲン自慢のGTEモードも捨てがたい。

エンジンとモーターを併せると「ゴルフ R」を上まわる駆動力を発生。わずか7.4秒で停止状態から100km/hに達するとか! 高速道路に入る、料金所からのダッシュで重宝…するかもしれませんが、まあ「やるときゃ、やるぜ」と心に秘めて、普段はEまたはHVモードでいいかもしれません。

フォルクスワーゲン パサート GTE

高速道路といえば、パサート GTEには“コースティング機能”が備わります。高速巡航で負荷が減ると、エンジンとモーターを切り離し、フリクションロスを減らす仕組みです。いかにもヨーロッパ生まれらしい工夫です(Eモードでアクセルペダルを離すと、回生機能が働きます)。

フォルクスワーゲン パサート GTE

また、なんとなく「エコ=おとなしい」イメージが強いハイブリッドシステムですが、パサートのそれはむしろ、いきなり最大トルクを発生する“モーターゆえの出足の良さ”を実感できる、力強い走りが印象的。1.4リッターターボだけでも、意外なほど高い動力性能を示すパサートですから、モーターがアドオンされたGTEの活発さは、容易に想像がつきます。

先進の動力システムに加え、フラッグシップらしく、安全装備も充実しています。車間距離を保ちつつ前車に追従するクルーズコントロール、自動で“ストップ&ゴー”をしてくれる、渋滞時にありがたい“トラフィックアシスト”、車線逸脱や、死角からの他車を警告するシステムも標準で装備されます。

価格は、パサート GTEが519万9000円、パサート ヴァリアント GTEが539万9000円。それぞれ、レザー内装がおごられ、ヘッドアップディスプレイやアラウンドビューカメラなどを備え、18インチホイールを履いたadvance仕様も用意されます。その場合、セダンが579万9000円、ワゴンが599万9000円となります。

フォルクスワーゲン パサート GTE

フォルクスワーゲン パサート GTE

☆GTE
ボディサイズ:L4785×W1830×H1470mm
車重:1720kg
駆動方式:FF
エンジン:1394cc 直列4気筒 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:6速AT(デュアルクラッチ式)
最高出力:156馬力/5000〜6000回転
最大トルク:25.5kg-m/1500〜3500回転
モーター出力:116馬力
モータートルク:33.6kg-m
価格:519万9000円

☆ヴァリアント GTE
ボディサイズ:L4775×W1830×H1510mm
車重:1770kg
駆動方式:FF
エンジン:1394cc 直列4気筒 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:6速AT(デュアルクラッチ式)
最高出力:156馬力/5000〜6000回転
最大トルク:25.5kg-m/1500〜3500回転
モーター出力:116馬力
モータートルク:33.6kg-m
価格:539万9000円

(文&写真/ダン・アオキ)