ディズニーランド&シーを快適に楽しむ!ママたちが知る裏ワザとは?

写真拡大

東京ディズニーランド&シーといえば、年中混雑しているのが当たり前。果たして、その混雑を回避あるいは並ぶ時間を減らすためのテクニックってあるのでしょうか? 親子でよく出かけるという、ディズニー大好きママ100人に聞いてみました。
空いている季節や時間帯を狙う
長期の休み明けやイベント明けが狙い目だという意見がちらほら……。

・「2月は一番人が少ない。雨の日は特に人が少ないので、カッパ着ながらアトラクションに乗りまくれます」

・「4月の中旬に行くのがおすすめ。気候も良いし、一年の中で一番すいていると思います」

・「6月の平日に行くことをおすすめします。6月は天候が悪い日が多く、季節のイベントも移り変わりの時期なので、入場者が少ない傾向にあるそうです。実際に行ってみてその通りと思いました。好きなアトラクションに2〜3回乗れました。天候を気にしなければ、混雑によるストレスはないと思います」

・「イベントがない時、特にイベントが終わった次の日、例えば12月26日など穴場です」
悪天候の日がベスト
出掛ける直前まで予定を確定できないのがネック!

・「わざと天気が悪い日に行くのがおすすめです。格段に行列が短いです」

・「雨の日は、地方の人はホテルやバスをキャンセルできないから来るが、東京近郊の人は行くのをやめる傾向にあるのでいつもより少し空いています」
混雑状況を確認する
スマホが普及した時代だからこそのテクニックです。

・「あまり来客数が多くなさそうな時期や悪天候の日、公式サイトの混雑予想をチェックして比較的空いていそうな日に行きます」

・「スマートフォンのアプリで、アトラクションの混雑状況を知ることのできるものがあるので、それを活用したところ、比較的効率よく回ることができました。リアルタイムで見られます。多少のタイムラグはありますが、無料なので行く予定のある人は入れておくと良いかも」
平日に行く
週の真ん中を推す声多数!

・「ディズニーは平日の火曜、水曜がすいています。働いていたときにそうでした」

・「平日の真ん中、火水木曜日が一番すいているので、狙っていくといいです」

・「できれば平日にいくことです。土日は平日の倍以上の入場者がいるのであまりおすすめできません。また、ご飯を食べる時間をずらすことで、レストランでの待ち時間がだいぶなくなります。お土産は帰り際ではなく、午前中のうちに購入して、ロッカーにいれておけば混雑している時に買い物をしなくてすみます」
ファストパスを使う
パスの存在を知っている人のみ使えるワザです!

・「なんといっても、ファストパスの活用だと思います。ファストパスが適用されるものかどうか、事前に調べてまわる順番を調べておくのは必須ですね」

・「アトラクションは、ファストパスを活用し、一人で乗るシングルライダー制度を利用すると優先的に案内してもらえます」

・「バケーションパッケージのプランでファストパスをとったり、レストランの事前予約をしておいたりすると良いです」

・「ファストパスを効率よく取ることに尽きます。取れたファストパスに依存する形で回ると、無駄がないです」

・「ファストパスを使えば、混雑していても10分〜30分位並べば乗り物に乗ることができます」
パレードの時間にアトラクションを楽しむ
パレードに興味がないならすぐにでも真似してみるべし!

・「パレードの時間に人気アトラクションに乗る。はじまる直前に人気がサッとひいて、そこまで並ばずに乗れます」

・「パレードをしている時に、パレードから一番離れたアトラクションを楽しみます」
その他にこんなテクニックも
・「昼食は、並んで買っても地べたに座って食べる羽目になるので、お弁当を持っていき、ピクニックエリアで食べています」

・「なるべく多くの人で行って、子供も含めて何組かに分かれて順番取りをします」

・「ホテルに宿泊すると、他の人より早く入場できるので便利です。車で行く時は、かなり早く着くように家を出て、駐車場の前で仮眠をとったりしますよ」

・「食事は、とにかく早めにとります。例えば、12時に食事はとらず10時くらいにしたり、パレード中に乗り物に乗ったり買いものしたりします」

・「人気なアトラクションは二手に分かれて、パスポートを取る組と、先に並ぶ組とに分かれると効率よく回れます」

・「ホテルに泊まり、早く園内に入場することです。みんなより早く入れれば、それだけ並ぶ時間が減ります。スマホを駆使するのも効率的でした」

すべてのテクニックを取り入れたら、より効率よく回ることができるかも!? 夏休みに来園を考えている人は、ぜひ真似してみてくださいね。

文/松本玲子

※暮らしニスタ編集部が既婚女性100人を対象に行ったアンケート調査より

写真© Halfpoint - Fotolia.com